八木工業様とバラ積み部品の加工ラインへの供給を自動化

八木工業株式会社様が、バラ積み部品のピッキング、及び、加工ラインへの供給工程を、3Dピッキングロボット「PickWorker」を用いて自動化実現されました。

八木工業様は、自動車部品及び機械部品の製造を行われており、鍛造・熱処理・機械加工を含め一括生産されることで、高品質・低コスト・安定供給を実現されている企業です。

高難易度のバラ積みピッキング自動化に、完全ティーチレスでのロボット稼働を模索

八木工業様は、労働人口減少に伴う将来的な人手不足のリスクを考慮し、省人化を検討されていました。その中で、人手で行われていた部品供給作業の自動化方法を模索されていたところ、Mujinを知り、技術力の高さ・実績の豊富さでPickWorkerの採用を決められました。

自動化工程の仕組み

1. メッシュパレット内にバラ積みされたハブベアリング外輪部品を3Dビジョン「MujinVision3D」で認識
2. 知能ロボットコントローラ「Mujinコントローラ」により動作制御されたロボットアームが、部品をピッキングし、仮置き台へ配置
3. Mujinコントローラで制御された2Dカメラが、部品の回転位相と表裏を確認し、持ち替え
4. ロボットアームが、部品を整列供給

導入後の改善は、Mujinの遠隔サポートを適宜ご利用いただき、八木工業様主体で進められ、エラー率0.2%を達成し、高い生産性を実現されました。今後もさらなる効率化・品種追加を予定されています。

Mujinと繋がる

1,099ファンいいね
0フォロワーフォロー
1,318フォロワーフォロー
2,040購読者購読