投稿

ビジョン と 7つの新バリュー: MUJINメンバーが大切にしている価値観

イメージ
今回は、MUJINのビジョン(目指す世界)とバリュー(行動指針)をご紹介します!2011年小さなガレージからスタートしたMUJINは、これまで不可能であった複雑な作業のロボットによる自動化を実現してきました。現在、メンバーは100名を超え、中国にもオフィスを構えています。様々なお客様先でMUJINのソリューションが使われるようになり、事業を拡大していく中でも、創業期から大切にしてきた「MUJINカルチャー」は変わらず存在しています。今回会社が急成長していく中で、メンバー一丸となってビジョンの実現に向かうべく、カルチャーを明文化し、7つのバリューを定めました。改めてビジョンと共に、MUJINバリューをご紹介します。 Vision - ビジョンLiberate humans from manual labor to make them focus on creativity, innovation,and making the world a better place.
人々を過酷な労働から解放し、創造・イノベーション・世界をよりよくすることに注力できる世界を実現する。
Value - バリュー "Think Like Owners"1.Innovate with the Highest Speed and Efficiency
   最小資源と最高スピードでイノベーションを起こす
イノベーション(革新)は高いスピードと効率性があって生まれるため、多くの場合は大企業ではなく、少数精鋭によって生み出される。我々は、スピードと効率に妥協なく、あらゆる分野で革新的な仕事をしなければならない。今日あなたは職場でイノベーション(革新) を起こしたか?
2.Never Give Up, Never Surrender    最後の1分まで断じて諦めない MUJIN は最後の1 分まで諦めずに戦い続けるチーム。諦める者に勝利は無い。勝者は決してあきらめない。あなたは諦める敗者?それとも諦めない勝者?
3.Take Initiative, Be Independent
   自分が最初に始める、主体性をもって行動で示す
不満を言って環境が変わるのを待つのではなく、問題を解決するために具体的な行動を起こす最初の一人になれているか?文句を言うなら誰でもできる。欠点だけでなく、改善策を見つけ…

【動画あり】ロボットを動かす、MUJINソフトウェアエンジニアの魅力とは ~社員インタビュー ビジョンエンジニア × テストエンジニア編~

イメージ
MUJIN社員に話を聞こうシリーズ!ソフトウェアエンジニアとして活躍する、Kazutoさん&Kouさんが、ビジネス紹介メディアBiz9からインタビューを受けました。ロボットに携わる「ソフトウェアエンジニア」とは、バックグラウンドの異なる二人がなぜMUJINに入ることになったのか、などそれぞれの視点からお話ししています。ぜひご覧ください!

動画に入りきらなかった2人の熱い思いや、MUJINに入社するために重要なスキルなどの耳より情報も含めた対談記事も、以下公開しています。ご一読ください!

Kazutoさん(左)は、東大のロボット研究で有名な情報システム工学研究室(JSK)卒業後、大企業を経てMUJINへ入社。現在ソフトウェアエンジニアの中のビジョンを担当しています。Kouさん(右)は、東大の大学院博士課程で物理を研究していましたが、中退してMUJINへ。現在リードソフトウェアテストエンジニアとして働いています。

ーー さっそくですが、MUJINにはさまざまなソフトウェアエンジニアがいますよね。
Kazuto: 「ロボットを動かすソフトウェアエンジニアって一体...?」とイメージつかない方も多いかと思います。MUJINには、ロボットの制御・フロントエンド・バックエンド・そして私のやっているビジョン・Kouさん率いるテストを担当するチームのなどがあります。
ロボットを動かすには、どの分野も横断的に関わっていく必要があります。ソフトウェアだけではなく、ハードウェアや電気、メカなども絡んできます。一つでも欠けると、ロボットは動きません。
Kou: そう、どの分野も密接にかかわるので、それぞれのテクノロジーを各チームが理解していないといけません。それが大変であり、面白いところでもあります。


ーー お二人はどんなことをやっているんですか?
Kazuto: 私が所属しているビジョンチームでは、いわゆるロボットの目にあたる部分を開発しています。 ロボットが動くには、まず環境を把握しなければなりません。センサーを通して、ロボットが扱うべきものの位置や姿勢、また周辺の状況を認識させます。
Kou: 私はソフトウェアテストチームのリードをしていますが、私のチームではあらゆる分野のテストを担当します。幅広い分野がお互いに関わり合い、そして複数のコンポーネントが並列に走ります。さらに、ハードウェアも絡んでくるので、外部…

MUJIN Story #3:世界から集まったドリームチームとMUJINプロダクトの誕生

イメージ
2011年に創業し、10年目を迎えたMUJIN。その創業期や成長の過程秘話をMUJIN Storyとして数回に分けてお届けしていきます!

Episode 3「世界から集まったドリームチームとMUJINプロダクトの誕生」。

2009年の国際ロボット展で運命的な出会いを果たした創業者のRosenとIssei。MUJINを創業するまでの道のりは決して楽なものではなかったものの、2011年に創業し幸いにも初めてのお客さま獲得・資金調達を成功させることができました。前回の記事はこちら。
MUJIN Story #2:本格始動までの道のり

今回は無事スタートを切ったMUJINの、チームづくり・本社開設・プロダクトの誕生秘話をご紹介します。3人目のメンバー Huanの参画ちょうどMUJINが初めての資金調達をした2012年夏。その頃、のちにMUJIN3人目のメンバーとなるHuanは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)の大学院に在籍していました。中国の上海に生まれ、中学のときにロボットに出会ってから一貫してロボティクスに熱中してきたHuan。ずっとロボットに関わっていたいという想いがありつつも、2010年の大学卒業当時、ロボット分野でビジネスとして成功している企業はほとんど見当たらず。結局院に進んで研究を進めつつ、社会人経験を積むため、大手ソフトウェア企業にて勤務していました。Rosenには直接会ったことはありませんでしたが、ロボティクスの研究にあたって昔からよくオンラインで質問していました。いつ連絡をしても、丁寧に熱心に回答してくれる姿勢、そして何より知識の深さとロボティクスの実用化に対するRosenの情熱に、Huanは深く惚れ込んでいました。そんな憧れのRosenから、「日本に来ないか?」と連絡。これといってないチャンスに、Huanはすぐに応えました。 Rosenのアパートに1泊し、2人で夜通し日本での知能ロボット開発ビジネスについて語り合いました。未だロボティクス技術は十分に実用化されていない。しかし、Rosenはそれを本気でやろうとしている。「これこそまさに自分がやりたかったこと!」Huanは完全に心を掴まれてしまいました。
Rosenと一緒に働くことができる。そして本当に自分がやりたかったことができる。Huanが仕事と大学院を辞め、日本へ引っ越してMUJINに参画したのは…

このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

最先端ロボットセンター併設!イノベーションが生まれるMUJINオフィスをご紹介