Home FUN

FUN

Mujinジムに潜入!その実態とは?

こんにちは!Mujinで総務を担当しています、Takahiroです! 先日はMujinが提供しているフリードリンク・スナックについて書かせていただきました(フリードリンクにフリースナック!なんでやってるの?)。「入社後、お腹周りを気にする方が多くいらっしゃいます」と締めくくったのですが、実はMujinには・・・ジムがあるんです! なんでジムをつくったの? オフィスではデスクワークが中心になり、肩や腰に負担がかかります。またランチやスナックも無料で、ついつい食べ過ぎてしまったり、特に頭を使った後は甘いものを食べがち・・・ 現辰巳オフィスへの移転計画時、シアタールームや社内バー、はてはバスケットコートやボルダリングなどオフィスを充実させるアイディアは様々あったのですが、「メンバーの健康にできるだけ貢献できるようなオフィスを作ろう」という想いのもと、一番効果的であろうスポーツジムのアイディアが採用されました。 「ジムには行きたいけど、帰り道にジムがない・・・(わざわざ寄り道するもの面倒)」といったちょっとしたストレスや時間を減らしたいとも考え、ついに2020年7月にMujinジムはオープンしたのです。 ということでトレーニング開始! 今回は周りの部署のメンバーと一緒に筋トレです!まずはベンチプレスから。位置調整をして フォームを確認後・・・・ ・・・上げる!! 別のトレーニングも。 ショルダープレスで苦しむ私。 その横でゆうゆうとフォームを確認するメンバー。 そしてそこにさっそうと現れた新たなメンバー。スクワットをするみたいですが重さで若干バーがたわんでる。。。 普段はスマートな彼ですが、トレーニングはかなりパワープレイでした笑多いときは週5でトレーニングしているとのこと。 Mujinジムっていつ使えるの? 平日は、就業前・お昼休み・就業後にオープン、また土日祝は基本開いています!(感染症の状況を踏まえ、閉鎖する場合もあります) 「ランチも無料かつビュッフェスタイルなので、栄養バランスを考えた食事とトレーニングができ、身体づくりには最高の環境だ」とヘビーユーザー。 ということでMujinジムのご紹介でした。 ランチもスナックもドリンクも無料で、おまけにジムもある。日本屈指の素晴らしいオフィス環境でみなさまも一緒に働いてみませんか?もしご興味がありましたらこちらまで!

人気の卓球スペースが大きくなりました!

こんにちは、総務のTakahiroです! Mujinには卓球台があり、とても人気です。気軽に体を動かし、リフレッシュする機会となっています。過去には、卓球トーナメントも開催しました。 ランチ時にたまたま見かけた、勝利の瞬間!笑 卓球人気をふまえ、実はこの度・・・2台目の卓球台が届きました! 納入時はこんな状態。 ということで、総務部にて組み立てを行いました! 汗だくになりながら約1.5時間かけて完成・・・!! 次回のトーナメントはさらに規模が大きくなるかもしれません。

フリードリンクにフリースナック!なんでやってるの?

こんにちは!Mujinで総務を担当しています、Takahiroです。本日はMujinのフリードリンクとフリースナックについて紹介したいと思います! Mujinはメンバーに、ドリンクとスナックを無料で提供しています。 Mujinオフィスに配置された色々なメーカーの自動販売機。なんと、お金を入れずして、飲み物が出てきます!ちなみに夏になると炭酸がよく出ます。冬はお茶。オールシーズンで水の消費が最多です。 お菓子も、せんべい、グミ、ナッツ、ミニドーナツ、シリアル、チョコ(まれにチロルチョコ)などなど、メンバーみなさんが飽きないよう工夫して、いろいろなお菓子を提供しています。ブラックサンダーが出たときは一瞬でなくなりました。美味しいものは正義ですね。 なんで無料で提供しているの? ドリンクやスナックのみならず、Mujinはランチも無料で提供しています。(詳しくは、フレンチシェフの作るMujinのフリーランチ) 突然ですが、 「今日のランチはどうしようかなー、考えるのめんどくさいなあ」「ちょっと小腹がすいたけどコンビニ行くのは時間的に微妙だな・・・」「ミーティング続きで頭の糖分がゼロ!甘いもの食べて補給したい!」 こう思ったこと、ありませんか? Mujinは、 「メンバーのこういった“ちょっとしたストレスや時間”を少しでも減らしたい」「メンバーが本来のパフォーマンスを発揮できるような環境を整えたい」 そう考えて、ランチ・ドリンク・スナックをすべて無料で提供しています。ちなみに、こだわりのおいしいコーヒーも!自画自賛ではありませんが、こういった環境を用意している会社は、日本でも有数かと思います! 働きやすい環境を実現するために もう一歩踏み込みます。Mujinでは創業当初、CEOのIsseiがランチを自ら作り、メンバーに振舞っていました。ものすごく忙しかったのに、ホスピタリティ溢れる素晴らしい対応だな、と私自身思っています。きっとその奥深くには、「メンバーの時間を大切にしたい」「あなたが持っている能力を存分に発揮してほしい」「せっかく入社してくれたのだから、サポートをしてあげたい」といった想いがあり、このようなオフィス環境を整えることに繋がったのだと理解しています。 ただ、こういった施策は私たち総務が担っているのですが、言うは易し行うは難し...。今でこそ楽になりましたが、私の入社当初は体制がまだ未確立で、しかも自動販売機はまだありませんでした(冷蔵庫に手入れで補充していました)。しかし、恐ろしいスピードでなくなっていく飲み物、冷えていないというメンバーからのフィードバック、そして爆上がりしていく入社人数...(当時から月に3~4人は社員が増えていってました)。 やっとの思いで、2018年の夏に、初となる自動販売機を入れることができました。 愛おしすぎてハグしている私とMujinカラーの自動販売機。もはやイノベーションといっても過言ではない出来事だったなと今でも思っています笑 少し脱線してしまいましたが、いかがでしたでしょうか?こんなオフィスで働きたい!と思う方、ご応募お待ちしております! ただ一つだけ、気をつけていただいたことが。 ・・・食べすぎにはご注意を!(入社後、お腹周りを気にする方が多くいらっしゃいます)

今日のランチ @ Mujinカフェテリア

Mujinカフェテリアで提供されている今日のランチをご紹介します! Mujinでは、状況に応じてリモートワークなどのオプションを提供しておりますが、物流や製造現場の自動化という、止めることのできない社会インフラを担っている企業なので、オフィスや現場への出社が必要な場合が出てきます。 そんなオフィスで奮闘しているメンバーに向けて、変わらずおいしくて栄養満点のフリーランチが提供されています。 今日のランチ 今日は、インドカレーから始まり、韓国料理が多く並んでいました。チーズタッカルビ、フライドチキン、サムギョプサルが並んでいました。 色鮮やかなサンドウィッチや、サラダやスープも。もちろんベジタリアンやハラル向けの料理もあります。そしてデザートには、たっぷりのフルーツやフレッシュバナナジュースなども用意されていました! 今は感染症対策のため、みんなで集まって会話しながら食べることは叶いませんが、それでもおいしいランチはメンバーの活力になっています。 Mujinのランチについて、よりご興味ある方は、フレンチシェフの作るMujinのフリーランチもご覧ください!

バリュー浸透のためのMujinの工夫

Mujinでは、文化を形づくるバリュー(行動指針)をとても大切にしています。社内で共通した行動指針があると、仕事を進める上で迷ったときにも、共通の判断軸が生まれます。また、同じ考えを共有することで、ミッションに向かって社内一丸となって協力しやすい環境が生まれます。 《Mujinのコアバリュー》 (詳しくは、ビジョン と 7つの新バリュー: Mujinメンバーが大切にしている価値観) しかし企業にとって、社内にバリューを浸透させるということは、なかなか簡単なことではありません。バリュー浸透のために、Mujinが取り組んでいる工夫の一部をご紹介します。 工夫1. バリューのイメージづくり バリューは、主にCEOとCTOが議論に議論を重ね、作っていきました。バリューの概要が決まったところで、HR×PR×デザイナー部門でバリュータスクフォースを立ち上げ、バリューの文言固めや、イメージへの落とし込みを行っていきました。 これは、なかなか簡単なものではありませんでした。バリュー一つ一つに対して、本当に伝えたいポイントはどこなのか、どうしたらキャッチ-で分かりやすいイメージに落とし込めるか。そういった議論や試行錯誤を数か月行いました。こうしてできたのが、上にあるコアバリューの文言・イメージです。 工夫2. バリューを身近に感じてもらう仕組み Mujinオフィスには、バリューのポスターやイラストがあらゆるところに張ってあります。常に思い出せるように、また今日はバリューを意識して行動できたか、自分に問いかけるきっかけになるように。ふとした瞬間に読み返せるような仕組みをつくっています。 バリューイラストを使ったステッカーも用意。好きなバリューをPCに張って楽しむこともできます。CEO IsseiさんのPCにも全バリューが並んでいます。このステッカーはMujinへ来社くださった方からも、ご好評いただいています! 3. バリューを日常的に使ってもらう仕組み CEOやCTOがバリューの大切さを話す機会はもちろん大切ですが、各自が実際に使わないとなかなかバリューを体現するのは難しいものです。Mujinでは、チャットツールで利用できるオリジナルスタンプも用意しました! 気軽にMujinカルチャーを感じながらコミュニケーションが取れる工夫を考え、実行しています。 会社がどんどん大きく成長する中で、強いチームづくりを目指しながら、今後も様々な工夫をしていきます!

卓球トーナメントを開催

参加希望者を募り、卓球トーナメントを開催しました。闘志を燃やした13名が参加! 試合は大盛り上がり!普段の仕事中の顔とはまたひとつ違った、白熱したメンバーの姿を見ることができました。 最後は表彰式。優勝者には「MUJIN Ping-Pong Master」の称号、そしてメダルとラケットトロフィーが贈られました。 よいリフレッシュにもなった、楽しいイベントでした!

Happy Halloween from Mujin

MUJINハロウィンの世界へようこそ! カフェテリアには、不気味な音楽が鳴り響き、シェフが今日のために特別なランチを用意してくださいました。 ラザニア、ボルシチ、サーモン、タコ、エビ、カニ.... 赤い食べ物が大集合!デザートには、カボチャのクレームブリュレ。HRチームからのかわいいお菓子のプレゼントも用意されていました。 そして、それぞれ自由に仮装をして、思い思いのハロウィンを。 クリエイティブな仮装や、いつもとは違う意外な一面を発見したりと、笑顔溢れるハロウィンでした★

Red Bullをロボットで届けてみた

MUJINが参加しているイベント「Red Bull Basement」の運営団体様から、レッドブルエナジードリンクをいただきました。 せっかくなので、MUJINの知能デパレタイズロボットを使って、メンバーの元へお届け! マスタレス(マスタの事前登録なし)で来たものを運ぶことができるロボットをご覧ください。

TOKYO FM ラジオに出演。「自動化とは、生活の質をよくすること」

CEO Isseiさんが、TOKYO FMラジオ「50 Artists」に出演いたしました。 50 Artistsとは? 「世界を変えるような技術やアートを作り出す、個性豊かなゲストを紹介する」番組で、今回がその記念すべき第1回目でした。 「自動化とは、生活の質をよくすること」自動化やMUJINのビジネスについて、お話しさせていただきました。 放送後の記事はこちら! 番組は、こちらから聴講可能です。(滝野登場は、3:24~)

創立9周年を迎えました!

2020年7月6日、MUJINは創立9周年を迎えました! 9年前CEOのIsseiとCTOのRosenによって生まれたMUJINは、世界中からトップタレントを惹きつけ、総勢120名を超える大きな会社へと成長しました。 (創業ストーリー ⇒ MUJIN Story:MUJINの歩みをご紹介していきます!) 共に走り抜けてくださったお客様、パートナーの皆さま、MUJIN社員、そして社員を支えてくださっているご家族の皆さまへの感謝の気持ちでいっぱいです。 毎年開催しているAnniversary Partyは昨今の状況により残念ながら開催できなかったため、これまでのパーティーの様子を写真で振り返ります: (昨年の様子:MUJIN 8周年パーティーの様子をご紹介!) 10年目のチャレンジが始まったばかりですが、MUJINはさらにギアを上げて世界中の自動化を促進すべく、突き進んでいきます!

カルチャーを体現する「Mujinこだわりのコーヒー」とは?

Mujinのバリューの一つに、「Pursue the Highest Quality(最高品質の追及)」があります。現場で使われる実際のソリューションを提供している会社だからこそ、常に最高品質のものを出すことへ、こだわりをもっていなければなりません。 この考え方は、Mujinで提供されるコーヒーにも体現されています。 Mujinオフィスでは、挽きたてのおいしいコーヒーをいつでも楽しむことができます。このコーヒー文化はMujin創業時からあるもので、CTO Rosenのこだわりにより実現されました。 Rosenは真のコーヒー好きとして知られています。それは彼がUCバークレー大学1年生のときでした。それまで1日12缶もコーラを飲むコーラ少年だったRosenに、転機が訪れました。昼下がりの教室。薄暗いライト、ブンブンと音を立てているプロジェクター、永遠と続くかのような教授の単調な話... ふっと学生たちの気を遠のかせるのにはベストな状況。「授業に集中したい、でも...」誰しも学生のときに一度はそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。 そこでふとコーヒーを一口飲んだRosen、ぱっと意識が戻ってきたのを感じました。コーヒーを飲むと、自分は一気に集中できる!と、彼は気づいたのです。そこからというもの、コーヒーは彼の生活の一部となりました。「おかげで大学4年間の内容は、メモを取ることなく、すべて覚えている」と言います。後に「モーションプランニングの権威者」とも言われるようになったいわゆる天才Rosenは、コーヒーなくして存在しなかったのかもしれません。 Mujinを創業するときRosenはIsseiに、「オフィスではいつも挽きたての一流品質のコーヒーが欲しい」とリクエスト。まだ机2つの小さなオフィスで、です。「インスタントコーヒーとかではなく、街なかのおしゃれなコーヒーショップで出される一流の味でないと」常に最高品質にこだわるカルチャーは、ここにも反映されていました。おいしいコーヒーをオフィスに置く背景には、「メンバーの時間はとても貴重」という考えもあります。コンビニやカフェにわざわざ行かなくても、おいしいコーヒーを飲みながらメンバーみんなが集中して業務に取り組み、高いアウトプットを出せるよう、効率を考えてのことなのです。 Mujinにある全自動JURAコーヒーマシンは、一流レストランでも使われている最高級のもので、もちろんアメリカーノやカプチーノ等、選択可能。Rosenはいつもブラックコーヒーです。いつでもベストなコーヒーを味わえるよう、マシンは毎日清掃され大切に扱われ、社内では「Rosenの子供」と呼ばれるほどです。 コーヒー豆にももちろんこだわりが。Rosen自ら新しい豆の選定を行うことも。 現在の豆は、ブラジルパッセイオ農園から取り寄せたもの。ここの農園では、農薬を極力使わず、ブラジルでは珍しく丁寧に手摘みで収穫しています。コーヒーの味は、豆そのものの品質だけでなく、新鮮さや焙煎のタイミングによっても大きく変わってきます。こちらでは、Mujinのオーダーを受けてから焙煎し、新鮮なコーヒー豆のみを提供してくださっています。 こだわりのコーヒーを、朝の始まりに味わったり、ランチ後のデザートと一緒に、または仕事の合間のリフレッシュに楽しんだり。コーヒーマシンの周りは、メンバー同士がばったり会って会話が生まれる場にもなっています。ちょっとした立ち話でクリエイティブなアイディアが生まれたり、何かの解決に繋がったり。私たちにとってコーヒーはただただ楽しむだけのものでなく、生産性を向上したりイノベーションを生むきっかけともなっているのです。 「お気に入りのカップで飲むコーヒーが一番おいしい」というのもRosenの考え。Mujinに入社をすると、初日にMujinグッズが詰まったプレゼントが渡されるのですが、その中にもちろんMujinマグカップも入っています。いつでもおいしいコーヒーや紅茶などが楽しめる環境を入社初日から楽しむことができます。 オフィスにいながらおいしいコーヒーやフレンチシェフの作るMujinのフリーランチが楽しめるのは、メンバーにとって単純に嬉しい環境ですが、それは「メンバーの時間は貴重」「最高品質にこだわる」「コミュニケーションを大切にする」といったMujinカルチャーが体現された結果なのです。

Internal Update Meeting – 全社ミーティングはみんなで同じ方向へ向かうための大切な場

MUJINでは、毎日全社員で一緒にランチを食べたり、スポーツやイベントを楽しんだり、メンバー同士が自然と関係を築き、情報共有がしやすい環境があります。それでも、現在メンバーは100名を超え、会社としてどんなことが起こっていて、各部署が今どんなことに注力しているのか、お互いすべてを把握するのは難しくなってきました。 そこで、きちんと情報をみんなへ共有し、同じ方向を向いて全力を尽くせるよう、MUJINでは月に1回ほどのペースで、全社向けにInternal Update Meetingを開催するようになりました。ランチの時間にカフェテリアに集まり、RosenやIssei、ときには各メンバーが皆に向けて話す時間です。 MUJINが大切にしているカルチャーや目指している方向性を再度みんなで確認をしたり、最近のプロジェクト進捗、各チームの成果発表や最近の動きを共有、感謝を伝えたりと、内容は様々。新しいお客様先での稼働報告や各チームの個性豊かな発表を聞くのも、わくわくします! MUJIN Familyとして団結して強い組織であり続けること。会社も大きくなっていくにつれ、素敵なカルチャーを維持し続けるために、色々な取り組みを行っています。

バレンタインデーイベント★

Happy Valentine's Day ♡ 当日のランチタイムにバレンタインを楽しみました!大きく成長しているMUJINですが、このような温かい文化は大切にしています。 シェフが作るランチメニューにも、おいしいブラウニー・チョコレートケーキ・ホットココアが登場。 キッチンエリアもデコレーションをしてバレンタイン仕様。MUJINメンバーのFriendshipに感謝をしつつ、ちょっとしたイベントも行いました。 まずは”Workplace Love"。MUJINメンバーへの感謝の気持ちや温かいメッセージをそれぞれ書き、デコレーションしました。 もう一つは"Cookie Decoration"。HRチームがハート型のクッキーとアイシングを用意。思い思いにデコレーションをして楽しみました。デコレーションしてはすぐ食べてしまう人、誰かへのメッセージを書いてプレゼントする人。それぞれの個性あふれるハートが完成しました! 周りのメンバーの存在に感謝し、一緒に楽しむ素敵なイベントとなりました!

フレンチシェフの作るMujinのフリーランチ

今回はメンバーみんなが大好きな、フリーランチについてご紹介します!Mujinでは、なんとミシュランレストラン出身のフレンチシェフがつくる、バラエティに富んだおいしい多国籍ビュッフェを毎日楽しむことができます。 Mujinは創業時から、ランチはコミュニケーションの場として大切にしています。カフェテリアに集まって、おいしい料理を一緒に食べると、部門の垣根を越えて会話が弾みます。新しく入社したメンバーも、このランチ時間を通して自然と色々な社員と交流し、すぐに馴染みやすい環境ができています。また、普段仕事でなかなか接しない人との会話の中で、情報をキャッチアップしたり、思わぬイノベーションに繋がったりと、ビジネスの加速にも繋がっています。 20カ国以上の社員が在籍しているので、各国の文化の違いで盛り上がったり、お互いの言語を教え合ったり、Mujinならではの環境でもあります!英語を強化したいメンバーには、週1回「SPEAK & LUNCH」という英語を練習する場にもなっています。(英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH) さて、実際どんなランチが提供されるのか気になるところだと思います。今回はその一部をご紹介します!MujinシェフのHideyoshiさん。もともとはフランスとイタリアで修業され、ミシュランを獲得したフレンチレストランでも働かれていた凄腕シェフ!でも料理はフレンチ・イタリアンに限らず毎日バラエティ豊か。和食、中華、メキシカン、韓国、タイ、インド、ロシア....。クリエイティブな創作料理もあったりと、毎日新しい料理に出会うことができます。 多国籍企業のため、パンが主食の人もいれば、ご飯が主食の人もいる。揚げ物好きもサラダ好きも。ベジタリアンやハラルの人も。それぞれが満足できるよう、いつも工夫してそれぞれに対応した様々な料理を出してくださいます。 例えば、ある1日の献立: 生ハムとチーズの盛り合わせ/グリーンサラダ/トマトとチーズのサラダ/お造り/ローストビーフ/焼きたてホームメイドフォカッチャ/白ご飯/炊き込みご飯/鶏肉・大根・ごぼうの煮物/鶏のから揚げ/麻婆豆腐/味噌汁/卵スープ/クレームブリュレ フルーツやアサイースムージーなど、健康に配慮したメニューも豊富なのも嬉しいところ。食後はCTO Rosenがこだわって選んだおいしいコーヒー(カルチャーを体現する「Mujinこだわりのコーヒー」とは?)と共に一息。 ランチの時間は、みんなでおいしいものを一緒に食べながら自然と会話が弾む、Mujinにとって大切な時間です。

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

MUJINには、色々な国出身の社員がいます。その数なんと21か国。社内公用語は日本語と英語の両方としていますが、日本語が全く話せないメンバーも多数在籍していて、全社向けのアナウンスは英語で行われます。 「社内のコミュニケーションをより円滑にするために、もっと英語を上達させたい!」 そんな思いを持つ社員のために、MUJINでは毎週金曜日に「SPEAK & LUNCH」というランチを食べながら英語を練習する機会を用意しています。(毎日のランチについてはフレンチシェフの作るMUJINのフリーランチ) 金曜日のランチ時間になると、社内のMUJINレストランの一角にEnglish Speaking Tableというのが用意され、英語が流暢な社員1-2名が先生として入り、英語を練習したいメンバーが集まります。 毎回Topicを決めてみんなでディスカッションをしたり、新しい単語を学んだり。毎週宿題も出て、参加する生徒のみなさんは事前に予習をしたりもしています。 新しい語学を学ぶのは簡単なことではありません。日々意識して単語を覚えていったり、日ごろから聞く機会・話す機会を多く持つことが大切です。 MUJINでは、周りを見渡せば多国籍なメンバーがいるので、学んだ英語を使う機会がいくらでもあり、自分の意識次第で英語力はどんどん上げることができます。 またこうやって英語を学ぶ同士週1回集まって話すのは、お互いにとって刺激にもなります。 もう英語は十分話せるよ、という人は、興味のある言語を話すメンバーとLanguage Exchange Partnerとなって、お互いの言葉を学び合うということも不可能ではありません。このグローバルな環境をどう活かすかは意思次第! 仕事をより円滑に進めるためにはもちろんのこと、新しい言語や文化に触れて自分の人生をより豊かにするためにも、こういった機会をMUJINはメンバーに提供していけたらと考えています。

Mujinと繋がる

939ファンいいね
250フォロワーフォロー
904フォロワーフォロー
1,820購読者購読