MUJIN Story:MUJINの歩みをご紹介していきます!

2011年の創業から、MUJINは一貫して「産業用ロボットの知能化」という分野で革新を起こしてきました。

「ロボットの知能化」を実現することによって、ロボットの導入を簡単にしたり、今までロボットでは対応できなかった複雑な工程でもロボットの利用を可能にしたり。それによってロボットにとっての新しい市場を開拓。生産性を向上させ、人口減少・労働力不足という社会問題の解決に貢献をしています。

MUJINはただのロボティクスの会社ではありません。自動化という夢を実現させる場所なのです。高度なロボティクス技術によって、社会の問題を解決しています。

そんなMUJINは、誕生してから約9年。その道のりは決して楽なものではありませんでした。日本に生まれながら、20カ国以上の社員が集まり、半分は外国籍。ベンチャーには珍しい製造業・物流業という歴史の長い業界。そんな異色のベンチャーは、どうやって誕生し、100名を超える企業へと成長していったのでしょうか。

これから数回に渡って、MUJINのこれまでの歩みをご紹介していきます。(#MUJIN Story

 #1:創業者 RosenとIsseiの出会い
 #2 : 本格始動までの道のり

↓MUJINの思い出ピックアップ↓

MUJIN 創立前

2011年7月 株式会社MUJIN 創立

2014年 DMS出展

2016年 アスクル社と業務提携

2016年 ロボット大賞 受賞

2017年 国際ロボット展(iREX) 出展

2019年11月 ファーストリテイリングと
グローバルパートナーシップを締結

2019年12月 国際ロボット展 (iREX) 出展



このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

最先端ロボットセンター併設!イノベーションが生まれるMUJINオフィスをご紹介