株式会社日立物流様とともに、倉庫内のシューズボックスのコンテナ投入・外装箱の処理を自動化

株式会社日立物流様とともに、千葉県の物流センターにて、3台の知能ロボットを稼働させました。本センターは、世界的スポーツシューズメーカー様の日本国内唯一の拠点です。

マスターレスでシューズボックスをピッキング

納品時に、これまで人手で行われていた、外装箱の中に納められていたシューズボックスを一箱ずつ取り出し、仕分け用の小型コンテナに投入する作業を、知能ロボット「MujinRobotピースピッカー」で自動化いたしました。付帯作業である、空の外装箱の処理も同ロボットで担っています。

複数台のロボットを稼働させることで、物流センターの自動化率を向上し、物量の波動を吸収する安定的な労働環境実現に寄与しています。

詳細は、リリースをご覧ください。

Mujinと繋がる

1,067ファンいいね
0フォロワーフォロー
1,126フォロワーフォロー
1,890購読者購読