株式会社ヌカベ様とともに、バラ積みされたナックルアーム粗材の加工ライン投入作業を自動化

株式会社ヌカベ様とともに、群馬県の甘楽工場における、バラ積みされたナックルアーム粗材の加工ライン投入作業を、Mujinのロボット知能化技術を用いて自動化いたしました。 

ヌカベ様は、エンジン部品加工、エアコン用コンプレッサー部品、エレクトロニクス部品、その他自動車用部品、建設機械用油圧部品などの製造販売を行われている企業です。 

複雑な加工ライン投入作業をロボット一台に集約 

今回自動化したのは、従来以下の流れで行っていた工程です。
  1. バラ積み状態のナックルアーム粗材をピッキングし、コンベアへ投入(人手)
  2. 粗材の表裏判定を行い、必要に応じて反転(専用機)
  3. 粗材を加工ラインへ投入(ティーチングベースのロボット) 

従来のティーチング(動作教示)ベースのロボットでは、バラ積み状態での粗材のピッキングが難しく、前工程で人手によるピッキング・コンベア上へ整列作業が発生しておりました。Mujinのロボット知能化技術を用いて、一連の流れを一台のロボットに集約することで、省人化・省スペース化を実現いたしました。 

細かなロボット制御を実現

Mujinコントローラを既存のロボットに接続することで、モーションプランニング(動作計画)を用いてロボットを直接制御することになります。 

こうしてロボットを「知能化」することで、ティーチングなく、リアルタイム動作生成を行うため、ロボットは従来難しかったバラ積み状態の粗材にも正確にアプローチをし、ピッキングが可能となります。またロボットの立ち上げも、ティーチングが不要のため短工期で実現が可能です。 

今回はピッキングと加工ラインへの投入のみならず、粗材の表裏判定も合わせて行い、必要に応じての治具上での持ち替えもロボットで対応いたしました。 

Mujinと繋がる

939ファンいいね
250フォロワーフォロー
904フォロワーフォロー
1,820購読者購読