アズワン株式会社様の最先端物流センターにて、3工程の自動化を実現

アズワン株式会社様の最新物流センター「Smart DC」内の3工程において、合計4台のロボットを稼働させました。

ケースパレタイズロボット(2台)

出荷工程における、段ボールのかご車積み付け作業の自動化



オリコンパレタイズロボット

出荷工程における、オリコン(折り畳みコンテナ)の積み付け作業の自動化


ケースデパレタイズロボット


夜間の在庫補充工程における、段ボールの積み下ろし作業の自動化


Smart DCについて

2020年5月28日、千葉県のプロロジスパーク千葉1にて稼働を開始したアズワン株式会社様の最先端物流センター。総床面積、約5万2800平方メートル。既存の「東京物流センター」と比較して、保管能力1.5倍、出荷能力2倍に拡大。

最先端技術と多くの工夫が盛り込まれ、「人に優しい物流センター」として70%のオートメーションを実現している。


より詳細は、MUJINリリースをご覧ください。

このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

最先端ロボットセンター併設!イノベーションが生まれるMUJINオフィスをご紹介