導入事例:重筋作業はロボットが担う時代へ(首都圏スーパーマーケットチェーン)

物流現場は近年労働力不足・高齢化が顕著になっていて、段ボール積み下ろしなど過酷な作業に対して、年々人集めが苦しくなっています。

そうした中、こちらの首都圏に店舗を広く展開する某スーパーマーケットチェーンの物流センターでは、ロボットによる自動化を検討されていました。展示会でMUJINのソリューションを見ていただき、今回プロジェクトが始まりました。

今回自動化したのは、10kgを超える調味料や飲料の段ボールの積み下ろし作業。


重労働をロボットが担当することで、作業が楽になり、結果全体の生産性があがったとお声をいただいています。今後深刻化が進むであろう人手不足にいち早く取り組んだ結果、導入当初は想定外であったコロナショックにも、人を増やすことなく、残業なしで安定稼働を継続されています!

実際の様子はこちらからご覧ください。

Mujinと繋がる

1,067ファンいいね
0フォロワーフォロー
1,130フォロワーフォロー
1,900購読者購読