Home 学生の皆さんへ

学生の皆さんへ

採用戦略チームに突撃 ~社員インタビュー リクルーター編~

Mujinメンバーに話を聞こうシリーズ!今回はTalent Acquisition(採用戦略)チームで働くリクルーターの皆さんにお話しを聞いてみたいと思います。 Mujinは、25カ国以上からトップエンジニアやビジネスエキスパートが集まっています。Mujinの強さの根源は、人と言っても過言ではありません。トップ人材を集める最前線に立っているメンバーの想いを探ります。 ーー 本日はよろしくお願いいたします!早速ですが、採用戦略チームはどんなお仕事をしているのですか? 採用戦略チームのミッションはもちろん、最適な人材の獲得を通して、Mujinのビジネスを成功させることです。大型のプロジェクトも増えていて急速に成長しているので、引き続き世界中からトップ人材を採用する必要があります。もちろんそういった人材は引く手あまたで、たくさんの企業から声がかかるので、Mujinの魅力を知っていただけるよう工夫を凝らしています。 国内外の大学とコラボレーションをしたり、ロボットを実際に見ていただくイベントを企画したり、社員も積極的に採用協力したくなるような仕組みを考えたり。既存の方法にとらわれず、色々な施策を0から企画して色々チャレンジしています。新しいことをやっていくので、もちろん思い通りの結果が出ないこともありますが、その経験を通して学ぶことも多いですし、何より企画の結果、これまで出会えなかったような方々と出会えたときは本当に嬉しいです! さらに採用は、会社と選考に参加して下さっている方、お互いの相性を見極める場です。面接を受けていただく方にも、正しく私たちのことを知っていただき、自身も働きたいと心から思えるか、きちんと判断いただきたいと思っています。そのために、Mujinではなるべく社内のイメージが湧くようこのブログを運営したり、社内の色々なメンバーと話していただく機会なども用意しています。Mujinのビジネスは、技術的に難易度がとても高く、それをこなしていただける人材は限られています。さらに、技術部門以外でも、ニッチな領域・ビジネスモデルが複雑で対外的に伝えるのが難しい・世界展開しているため各国の制度とアラインが必要・多国籍のため互いに常識が異なることがある...など、難しい要素がたくさん潜んでいます。スキルマッチしている人がそもそも少ないので、そういった人に出会うと即採用したくなってしまうのですが、カルチャーも合っていないと結局うまくいきません。Mujinの定めるバリューに共感していただけるかも、対話の中で確認させていただいています。 最終的にみなさんにMujinを選んでいただけるととても嬉しいですが、そうでなくてもMujinと出会って、ロボットや自動化に興味を持っていただける場を作れたらと思って、仕事をしています。事業化に成功しているロボットの会社は世界でもまだわずかです。それほど難しい領域なので、この業界のことをもっと知っていただき、業界全体を盛り上げていけたらなとも思っています。 ーー Mujin採用戦略チームはどんなチームですか? 真剣・和気あいあい・自由が調和しているようなチームですかね。1人がボケて、周りが突っ込んだり、そのまま真剣に業務を続けている場合もあったり(笑)自由で明るい雰囲気です。それぞれが違う業界経験や知識を持っていて、得意不得意も違うので、お互いが助け合いながら目標達成に向けて動けていると思います。 Natsumiさんは、抜群のホスピタリティーとスピード感を持っている人!チームでやるタスクは大体一番最初に完了している印象ですね。 彼女は、私が入社してすぐに、色んなMujinでのノウハウ、ルールをしっかり共有くれましたので、本当に助かりました。サポート精神が旺盛な人です。朝は少しテンション低めかもしれませんね(笑) あれ、私朝全然弱くないですよ!朝走ったりしてます(笑) Yutoさんは、いつも笑顔。真剣な時も笑顔、怒られても笑顔、、、(笑)そして、テクノロジーの引き出しが多い!採用システムの自動化、新たなコンテンツ作成のための最適なアプリ等、業務効率化もどんどん進めてくださいます。パソコンで問題が起こっても助けてくれます。 いや怒られたときはそれなりに悲しい顔してるよ!(笑) 確かにいつも笑ってるイメージですね。チームのムードメーカー的な存在ですかね。新しい技術について情熱が凄いあるので負けないように情報をアップデートしたいと思います。 Tomoさんは、隠し玉が多いです。集中力を高めるために廊下で逆立ちしてたり、過去にはニューヨークの出版社で働いてたり、びっくりするような事をたくさん持っている人。そしてとにかく吸収が速い!入社翌日には候補者の方にアプローチし、すぐに面接に進んでいたのには驚きました。 廊下で逆立ちしているのは知らなかった。。(笑)他にもブレイクダンスが出来たりと隠れた特技満載のTomoさんは採用のご経験も長いので、その視点から日々色々と教えていただいています。 ーー どうしてみなさんはMujinを転職先として選んだのですか? 日本のモノづくりの力はすごいと小さい頃から思っていました。留学していた時、そうした日本の魅力を国内外の人に伝えて世界をもっとよくしたいと思い、新卒の就職活動から実現できる企業を探していました。これまでできなかった自動化を実現する日本発のMujinの技術は、まさに社会をよりよくするもので、世界に広げたいと熱意を持って思えるもの。採用担当としてこのような会社で、良い人を採用し、会社の成長スピードを加速させることで、間接的に世界の人々の生活に貢献したい!と思い選びました。あと、応募を後押ししたのが、社員インタビューの動画です。話している社員の方がみんな少年のように目を輝かせて、「産業用ロボットで世界を変える!」と話す姿がとても印象的でした。いくつになっても本気で夢を語れるのはかっこいい!!と素直に思いました。 僕もそうですが、やはりMujinの技術・ソリューションで世界を救うことができる、というところに惹かれて入社してくる人が多いですよね。僕は以前人材業界にいたときに、倉庫作業の人員確保のお手伝いをしていて、実際に現場に行って作業をした経験があるんです。空調がないような環境で立ちっぱなしの作業を1日行った後は体中が痛かったです。そういった環境なので、人集めも大変でしたし、長く続く方も少なかったです。それでも誰かがやらなければ、今の便利な社会を維持できないので求人が止まる事はありませんでした。そんな実体験があったので、過酷な単純作業を人類から解放しようとしている会社が日本にあったことを知ったときはびっくりしました。IREXというロボット展示会で、Mujinのブースを訪れ、ロボットが動いているのを見たとき「これが未来か!」と衝撃を受けたことは今でも覚えています。単純労働力の不足という社会課題を解決するテクノロジーを確立する手助けをしたいと感じ、Mujinに入社する事を決めました。 私も主に外資系ソフトウェア企業で10年以上採用をやってきましたが、Mujinを知ってこんな会社があるのかとわくわくしました。日本発で世界に飛び立っている、社会問題解決に貢献できる技術、素晴らしいビジョン。これが揃っている会社ってなかなか他にないと思います。採用はほとんどの会社に存在する部門ですが、どうせやるのであれば自分が心から面白そうと思える会社でやってみたいと思いました。 ーー入社をしてみて、どうですか? Mujinの事業が間違いなく社会の役に立っていると日々実感しながら仕事が出来ています!また、外部の方にMujinのことをアピールする時に自信を持って「Mujinがこの分野のリーディングカンパニーです」と心から言い切れるのがとても嬉しいです。これは採用や営業を行った方であれば、共感してくださると思います! 私は入社して3か月ですが、あっという間に感じています。社会状況が慌ただしく変化する中で、経営陣やリーダーが迅速な判断をし、みんなが素早くアクションを起こす様子。これぞスタートアップ、という雰囲気を肌で感じています。新しいメンバーもどんどん入社してくるので、あらゆる問題の自己解決能力を鍛えて成長していかないと、と思います。 私はまず、1人1人のメンバーのレベルの高さに驚きました。それぞれが異なる圧倒的強みを持っていて、まさに「アベンジャーズの集まり」。ベンチャー企業って、創業者と同じタイプの人ばかりが集まっているイメージだったのですが、Mujinには、多種多様な人材が集まっています。その人たちみんなが、一つの共通したミッションに向かって、日々奮闘しているイメージ。たまにディスカッションが白熱して喧嘩のように聞こえることもありますが(笑)、大人になってからでも、こんなに熱くなれるものがあるのは素直にすごい環境だと感じます。みんな真剣だからこそぶつかり合い、年齢、役職関係なく言い合える環境があるから、こうやって会社がどんどん成長して行けるんだなと。 ーー どんな人がMujinには向いていると思いますか? バリューはMujinで働く上で大切な指針なので、これらに共感できるかはとても重要です。 また、Mujinは「今あるものを標準と思わず、常により良いものをつくっていくこと」が求められ、評価される環境です。そのため、既存の常識にとらわれず自分で考えられる人、成長意欲が強い人に向いていると思います。もちろん思いが強いだけでなく、行動力もとても大切です。 あとは、これまで世の中に存在しない新しい事業・製品を作っている会社というのは困難がつきものです。このMujinという会社が今後将来どうなっていくのか想像できて、そこに対して情熱を持てる人には向いていると思います。 主体性をいかに持って業務に取り組めるか、そして全体を見渡す視野の広さが重要だと思っています。Mujinは多国籍企業でもあり、ITの会社でもあり、製造業の会社でもあり、コンサルティングの会社でもあります。そのため、色んなバックグラウンドを持つメンバーが揃っているのですが、共通して活躍する方は、会社として解決するべき課題や改善するべき箇所を認識し、それを自分事に捉えてアクションを起こせる方だと思います。 Mujinは革新的な技術を持っていますが、急拡大をしたのはここ2年-3年で、組織としての制度や仕組みの改善個所はいくらでもある状況です。Mujinのようなベンチャーでは、会社の課題を解決できる方が求められることが多いです。是非課題に対して主体的に取り組んで下さる方にご入社頂きたいです! ーー Mujinでの就職を考えている方にメッセージをお願いします。 興味はあるが、ロボット、ソフトウェア、製造業に詳しくないので応募するか悩む、、そういった方も是非応募してください。Mujinは、オールマイティ―になんでもできる人より、どこかが並外れて優れている人が集まり、それぞれの圧倒的な強みを活かし合って進んでいる会社です。情熱があれば足りない知識はあとからキャッチアップできるので、自身の強みを活かしてチャレンジしてみたいという方のご応募をお待ちしています! すでに130名を超える所帯になったのでスタートアップとしては規模も大きくなってきました。優秀なメンバーが多いですし、多国籍で色んな経験、特色を持ったメンバーが集まっています。一般的な会社と比較して裁量が大きいですし、チャレンジングなことも多いですが、それでも踏ん張れるのは未来に大きな期待が持てる会社だからだと思います。 Mujinは世界中のテクノロジーや文化が交差する特異な企業だと僕は考えています。 日本は世界で最もロボットが得意な国でありながら、先進国の中で最もITが弱い国の一つでもあります。Mujinはそんな国で世界中から優秀なエンジニアを結集して生まれたトップレベルのITスキルを持つ企業です。日本ロボット産業の弱点であるITをMujinが補うことが出来ればとても凄いことが起きると思いませんか? 一方、世界中から人が集まるという事は、文化や思想の違いが交差する場でもあります。ベンチャーフェーズから会社がより組織として大きくなる中で、未だかつて日本にある企業が経験したこともない問題も出てくるかもしれません。 ここまで多くの事が交差するカオスな企業が世界にいくつあるのでしょうか?こんなカオスな環境から生まれるイノベーションの波を楽しみ、より大きなビッグウェーブを起こしたい方に是非挑戦していただきたいです! ーー 採用戦略チームのみなさん、ありがとうございました! Mujinでは、引き続き積極的に採用活動を行っています。ぜひ、こちらから詳細をご覧下さい。採用戦略チーム一同みなさんとお話しできるのを楽しみにしています!

キャリアについて考える。学生向け「Mujinオフィス・ロボット見学会」開催レポート

「Mujinオフィス・ロボット見学会」を開催し、東京大学の学生さんにご参加いただきました。 Mujinのビジネスやカルチャーについて知っていただくのはもちろんのこと、将来のキャリアを考える上で参考にしていただけたらと、メンバー一同コンテンツを準備しました。 将来を担う学生さんたちに想いを伝えたいと、CEO・CTO・現場のメンバーも参加! みなさんにも、今回その一部をご紹介します。特に、各Mujinメンバーからの「キャリアを考える上でのメッセージ」は、これから就職を考える学生のみなさんにぜひお読みいただきたいです! CEO IsseiによるMujin説明 まず初めに、CEOのIsseiからご挨拶。CEO自ら、ビジネスの説明や会社の沿革について、説明させていただきました。 なぜ「ロボットの知能化」というビジネスを立ち上げたのか、それがどう人手不足という社会問題の解決に寄与しているのか。 実際にロボットが動いている様子もたくさんの動画で紹介させていただきました。 https://www.youtube.com/embed/qdtR0UThHHU Mujinのビジネスについて気になる方は、こちらの記事をぜひご覧ください!ロボットの知能化?!Mujinって実際何をやっている会社なの? 誰と働くか、が一番大切だと思います。これによって「普通」と感じるレベルが変わってきます。自分のMujinでの成長率も、過去とは全然違うと感じます。Mujinのメンバーは一人ひとりとても優秀で、僕が教えてもらうために来てもらっています。自分は追いつけないのでは、と感じる場所に飛び込んで必死にやると、そこが自分のスタンダードになってきます。世の中には、2つのグループがあります。誰かがつくったルールの上で生きる人と、ルールをつくる人。ルールをつくりたいのであれば、問題がたくさんあるカオスな環境に飛び込まなければいけません。自分でルールをつくりながら、世界に貢献している人は、他の人と成長率は全く違ってきます。ぜひ、自分だからこそできることをやってください! オフィス・ロボット見学 次に、実際にお客様先で使われているロボットが動く様子や、開発エリアの見学などをしていただきました。 「広いオフィス・ロボットセンターですね。」「こんなにロボットが大きいとは思わなかった。」「ロボットが動いているところを実際に見ると、すごい迫力」「人間よりも速く動けるのはすごい!」など、感想が飛び交いました。 実際に目にするから感じる、Mujinロボットの動きの滑らかさやスピードを感じていただけていたら嬉しいです。 CTO Rosenによるスピーチ Rosenがスピーチを行うのは稀ですが、将来を担う学生へと今回は自ら参加。「愛」をテーマに、語りました。 愛があるからこそ、人は世界を変えてきた。愛があり、情熱があるからこそ、世界は進歩してきた。計算に対する愛があったからこそ、人は計算機、そしてコンピュータを生み出した。移動に対する愛があったからこそ、新幹線、飛行機が生まれた。宇宙に対する愛があったからこそ、新しい技術が生まれ、国際宇宙ステーションが完成した。Mujinには、ロボットに対する愛がある。ロボットが自律的に動き、これまでできなかった複雑な工程の自動化を実現させる。それには、ロボットの「知能」が必要。これは、世間一般に言われている「人工知能(AI)」とは違う。100%の精度ではない人間を目指すのではなく、機械だからこそ達成可能な、間違いを侵さない完璧な「機械知能」。「技術」と呼ぶのであれば、100%信頼できるものであるべき。ここにいるMujinメンバーは、「機械知能に対する愛」、「世の中を変える、技術に対する愛」そしてもちろん「Mujinに対する愛」を持っている。 メンバーとの座談会&メッセージ グループに分かれてメンバーとの座談会。 学生の皆さんも意欲的に質問をしてくださり、大変盛り上がりました。 座談会に参加したメンバーから、学生へのメッセージも伝えさせていただきました。 コンピュータビジョンエンジニア 企業に勤めるのであれば、自分が興味を持っていることに対して、同じく「愛」を持って起業した人の下で働いた方が幸せになれると思います。また起業をする人は、自分がやりたいことに「愛」を持って、そこに共感できるメンバーを集めて、やりたいこと・メンバーに対する「愛」を忘れずに頑張ってほしいと思います。 プロジェクトマネージャー 会社選びをする上で、もちろん年収や企業ランキングなど色々な要素があると思います。それらに惑わされないよう、大切なことはシンプルに2つ。1つは、自分が30年、40年、50年かけて、「何を成し遂げたいか」。2つ目は、それを「誰と」成し遂げたいのか。これらを重要視して、自分の想いに合った企業をぜひ見つけていただきたいと思います。 物流コンサルタント キャリアを考える上でのアドバイスは3つです。1つ目は、成長産業で働くこと。成長産業は、新しい課題がどんどん生まれ、大変ですが成長することができます。2つ目は、すごい人が働いていること。優秀な人が集まる会社では、毎日たくさんの刺激を受けます。3つ目。働いていると、つらいこともあります。しかし、そのときにも続けられるのは、「やっていることに本当に意味があると思える」から。CTOのロセンは、いつも僕たちの仕事は人類の進化のため、と言って本気で取り組んでいて、こんな創業者の下で働けるのは幸せだと思います。 いただいた質問の中から回答 今回、Mujinオフィスツアーにご参加いただいた学生の皆さん、本当にありがとうございました! 参加者のみなさんからは、こんなご感想をいただいています。 「思っていた以上に自動化が進んでいたことに驚きました。Mujinで働いている方のレベルの高さに驚いたが、そうだとしても萎縮しないような人間になりたいと思いました。」 「熱いメッセージを頂いてエネルギーをもらいました。専門外の分野なので、ほとんどが新鮮な体験でした。視野を広げることができて、有意義な時間だったと思います。」 「ロボットの見学会をみてこれからの物流等の産業が変化していくように感じました。非常に面白かったです。」 また、いただいたご質問にもいくつか回答します 《質問①》創業後のまだ社員が数名で事業が軌道に乗る前の頃はどのようにして優秀な人材を集められていましたか。優れた人ほど高額な年俸を提示する大企業などに流れてしまいそうですが、不安定な時期でも人を誘い込めた理由を伺いたいです。 創業直後、優秀な人材を集めるのは、もちろん簡単なことではありませんでした。 Mujinの場合は、「ロボットを知能化して世界を変える」というミッションと創業者2人の情熱、そして集まっているメンバーの優秀さに惹かれて、1人1人集まってきてくれました。 当時の話をこちらでご紹介しています。ぜひご一読ください!Mujin Story #3:世界から集まったドリームチームとMujinプロダクトの誕生 《質問②》滝野さんの創業時には、周りは大企業ばかりで導入コストもかかるから反対されまくったとのことでしたが、信用とアセットの無いベンチャーとして、何から始めたのでしょうか? 基本的に実績がないと信用されません。でもInnovationというのは実績がないものです。 そこは色んなテストをやったり、デモをしたり、リスクをとってあまりあるほどのメリットを説いたり、色々やりますが、情熱と「この人達だったら少々失敗してもやり切ってくれるだろう」という人間性(会社は人間性のあつまり)がみられると思います。(by 滝野) 《質問③》創業してから最初の製品を売り出すまでの期間はどのようにして資金を調達されていましたか。最初から投資家から援助を受けたのか、自分のお金で始めたのか気になります。 最初は創業者2人が自分たちで持ち寄った100万円で事業をスタートさせました。最初の資金調達は、その約1年後です。 ちょうどリーマンショック後で、経済が落ち込んでいるところでした。投資家にとっても、短期で大きなリターンがあるようなアプリケーションやゲームビジネスの方が扱いやすく、地道な準備を重ねる必要のあるMujinのビジネスは魅力に映らず、苦労もありました...。 Mujin Story #2:本格始動までの道のりで当時の話をご紹介しています。 《コメント》もっと社員の話を聞きたい! イベント企画メンバー(recruit.team@mujin.co.jp)へご連絡ください。 また、今回参加をしたKazuto含め、様々なメンバーのインタビューもこちらで公開中です!#Mujinメンバーに話を聞こう 今後ともMUJINではこのような機会を設けていく予定です。正社員やインターン生としてMUJINで働くことに興味がある、という方は、ぜひこちらからご応募お願いいたします! 最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

採用担当が語る!Mujinへの入社は応募が有利!?

今後も更なる飛躍を続けるために、積極的な採用を続けているMujin。 Mujinの採用について、採用担当のNatsumiが発信していきたいと思います!    私は、大学卒業後2社を経験し「日本の技術力を国内外に広め、人々の生活に貢献する」新卒からの思いを叶えるべく、2019年に採用担当としてMUJINに入社しました。現在は主にエンジニア職の採用を担当しています。 日々目を輝かせ、新たなソリューションの開発、それらを広めて世界を本気で変えようとチャレンジし続けているMUJIN社員。彼らの開発スピードの加速、社員・MUJIN自身のレベルも向上し続けらるよう、熱い想いを持った新たなメンバーの採用に日々奮闘しています!   創業当初からいくつもの挑戦を続けてきたMUJIN。7月6日には、創業9周年を迎えます。   CEO滝野・CTOロセンの2人だったメンバーも、ビジネスの急成長に伴い 2020年には120名(5月時点)に!   弊社のソリューションを広め、製造業、物流倉庫の自動化を加速し、世界の労働力減少に貢献したい!弊社には世界20か国以上から熱い想いを持った人材が集まり働いています。 早速ですが、以下はMUJIN社員の採用ソースを表すグラフです。 皆さんは86%が何を示すか、分かりますか?       実はこの数字、応募(社員紹介含む)経由で入社した社員の割合です。 (14%:人材エージェント経由)   ぶっちゃけ、応募の方が選考に有利なの、、、?   本気度が「より伝わる」といった意味では、私はYESだと思います。 応募を頂いた段階から、熱意が伝わってくるので私としてもすごく嬉しいです! 必須要件に少し満たない場合でも、どういった想いで応募してくださったのか、話をしてみたいと思うこともあります。 他にも、直接やり取りができるので、キャリア思考・お人柄・働き方がMUJINにマッチしているのか、選考プロセスを通じてお互いに知っていけるのも良い点ではないでしょうか。 ちなみに、どうやってMUJINを知ってくださったのか、面接の中で話を聞いてみると   新聞・雑誌などのメディア友人・知人経由ビジネス上で知って展示会などのイベント求人サイト これらを通じてMUJINを知り、応募に至る方が多いと分かりました。ビジネスや熱い想いを持った社員に共感をし自身も働きたいと応募してくださる方が多いのは、非常に嬉しいことです! 余談ですが、入社後に初めて会うメンバーが多い中で、何度もやり取りをしている採用担当がいることで少し安心できる、そんな存在に慣れたら良いなと思っています。   MUJINは、今後も更なる飛躍を続けるために、積極的な採用を続けています。少しでもご興味を頂けた方、採用ページよりご応募をお待ちしています!

東大発のベンチャーMujin。東大出身者はどのくらい?

東大発のベンチャーとして、MUJINが取り上げられています。 CTOのRosenが東大でポスドクをしていたのを筆頭に、MUJINには東大出身者が多く集まっており、現在社員の13%を占めています。 以前、日経産業新聞:Googleも欲しがった「東大ロボ集団」 その顔ぶれはという記事でも4名のメンバーが取材を受けました。 東京大学のみならず、スタンフォード大学・マサチューセッツ工科大学・カーネギーメロン大学・カリフォルニア大学バークレー校など世界トップ大学出身者が集まっているMUJIN。 世界をリードするメンバーと切磋琢磨して成長したいという方!こちらからご応募お待ちしております。※大学や国籍などに関わらず、選考を通して判断させていただくため、応募に際して出身大学等に制限はありません。

「会社運営において大事だと思うこと」滝野が東大で特別講師。

東京大学のプログラムで、起業やスタートアップについて学ぶ「アントレプレナー道場」という授業で、滝野が特別講師を務めました。 自身のMUJINを運営してきた経験をもとに、起業の経緯や戦略の立て方など、学生のみなさんにお話しさせていただきました。 その中でも語っていた、滝野が「会社運営において大事だと思うこと」について、今回ご紹介します。 会社運営において大事だと思うこと 1.経営陣の安定感 滝野が共同創業者のRosenと一緒にビジネスをやろうと決めたのは、「Rosenとなら成功するだろう」と思ったのではなく、「Rosenとなら失敗しても、粘り強くやり直せるだろう」と感じたから。(詳しくは、MUJIN Story #1:創業者RosenとIsseiの出会い) 滝野とRosenの意見が衝突することは多々あります。ただ、喧嘩はしても「絶対に裏切らない信頼感」があることで、安定して事業を進めることができています。 ベンチャー企業がうまくいかなくなる要因として、創業者同士の関係が悪くなってしまったという事例は意外にも多いのです。 2.リスクへのバランス感覚 新しいビジネスにはリスクがつきもの。リスクがあるからこそ、これまで手がつけられていなかった領域のはずです。 やらないよりはやった方がまし。大企業が取れないようなリスクをとるからこそベンチャーです。 3.人材の質には妥協しない リスクをとると、もちろん失敗することもあります。 しかし、仮に失敗して大変な状況になっても、優秀なメンバーが揃っていれば、何とかなるものです。 MUJINもリスクをとって何度も失敗してきました。しかし、どんな状況も乗り越えてここまで成功できているのは、社員みんなのおかげでしかありません。 4.ビジョンを信じ続ける尋常じゃない頑固さ 創業当初からRosenは「全自動化を実現する」と公言していました。当時はそんなこと未だかつて誰もやったことがなく、「そんなこと誰もできるはずがない」と思われていたのです。滝野は正直横で聞いていて、そんな堂々と恥ずかしいなぁ..と感じたこともあったとか。 しかし2017年にはJD.comの全自動倉庫を本当に実現してしまいました。ビジョンを信じ続けて、そこに向かって全力を尽くすというのはとても大切な心構えです。 起業してよかったと思うこと 起業してよかったことは?という学生さんからの質問に対して、滝野は「世界中の優秀なメンバーと一緒に働けること」と答えていました。 「普通に企業で働いていたら、こんなすごい人たちと出会うことなんて一生なかったと思う。MUJINメンバーは、TOP大学や企業にいた人や、一流経験を積んできた人たちばかり。すごい人たちと毎日一緒に働いて、当たり前と感じるラインがはるか上になっていった。今も毎日メンバーから学んでいる。」 授業の中で、学生からたくさんの質問もいただき、滝野にとっても初心を振り返るいい機会となりました。

シリコンバレーにいる感覚。東京にこんな企業があるなんて。~ 社員インタビュー インターン編 ~

Mujinメンバーに話を聞こうシリーズ!として今回は、インターン生としてMujinで働いているTabをインタビューしました。Tabはアメリカ シカゴのイリノイ大学の大学院生で、Mujinのハードウェアチームで働いています。 ーー Mujinに興味を持ったきっかけは? LinkedInでインターンシップの募集を見かけて、Mujinの存在を知りました。他社と比べてまず違うと思ったのが、SNS上でたくさんの発信をしているというところ。僕はとても外交的な性格なので、このように会社のありのままがたくさん発信されていて、外からでも分かるというのがとても魅力に思いました。Mujinでは、メンバー一人ひとりが製品やロボットについて理解していて、そしてみんなロボットが好きなように感じます。 もともと僕の興味はロボティクスにあった訳ではありません。ずっとパワーサプライのハードウェアに携わっていましたが、その領域はテレビゲームだったり、医療システムだったり。Mujinのホームページを見たときに、1つの会社の中でこんなに色々なパワーシステムが使われているんだと気づき、自分の専門性を高めるためにもよい環境だと思いました。 そしてやはり「ロボティクス×日本」という点に惹かれました。日本は特に自動化において先進的で、高度な技術がたくさんあります。最先端な日本でロボットに携われるということにわくわくしたのです! ーー 選考プロセスはどうでしたか? 応募してから数日後、採用担当から電話があり、履歴書の選考を通過したという連絡をもらいました!またそこで、Mujinのビジネスや日本についても色々と説明いただきました。日本語は全く話せないし、アジアの国に行くこと自体初めて。日本に行くということについて少し不安に思っていたのですが、そんな不安も電話の中で取り除いてもらいました。 その後、依頼を受けてスキルシートというものを提出。会社が求めているスキルと自分の持っているスキルがどのくらいマッチしているかを示せるものなので、これはとてもよかったと思います。 その後、ハードウェアチームのマネージャーと電話面接。僕の質問にもすべて答えてもらい、Mujinのこと、チームのこと、日本のことなどよりイメージが沸くようになりました。日本語が話せない僕でも受け入れてもらえるし、安心して働ける、ということがよく分かりました。 ーー Mujinインターンシップに参加してみてどうですか? 最初の1か月はなかなか大変でした。とにかく知らないことだらけで、たくさんキャッチアップしなくてはいけません。システムの仕組み、そして困ったときには誰に相談すればよいのか、学んでいきました。 スタートアップという環境は僕にとって初めてでしたが、とても気に入っています。新しい人がどんどん入ってくるのですが、新しいメンバー1人が会社に与える価値が目に見えて分かるんです。それぞれが何か秀でたスーパーパワーを持っていて、みんなで力を合わせて、大きなものを作り上げていく。それを肌で感じられるのが、大企業と大きく違うところだと感じています。そしてそれはもちろんインターンシップ生であっても同じ。主体的にプロジェクトを進めていき、実際の製品づくりに携わります。 ーー Mujinのカルチャーはどうですか? とてもオープンで、シリコンバレーにいる感覚です。誰もが英語を話し、スタートアップマインドを持っている。ダイバーシティ溢れる環境で、みんなが自分の仕事に情熱を持っています。東京にこんな企業があるなんて、と驚きました。 そしてとにかく透明性のある会社だと思います。いろんな情報がSNSで発信されているし、社内イベントなどを通しても素晴らしい会社だなぁと思います。 チームメンバーもとてもフレンドリーで、なにか困ったときはみんなが助けてくれます。よき同僚であり、よき友達。様々な国籍のメンバーが集まっているので、ランチを食べながらよくお互いの国の文化や慣習について話して盛り上がります。Mujinのランチはとってもおいしいし、話も弾みますね。(ランチについては、フレンチシェフの作るMujinのフリーランチ) ーー 仕事以外の日本の生活はどうですか? 電車がとてもきれいで暖かく驚きました。東京の交通機関はとても快適で、きっと世界一だと思います。グーグルマップを使えば、どこへでも簡単に行けるので、困ることはありません。これまで鎌倉、川越、日光などに行ってみました! 実は僕、古典美術、特に印象派が好きで、東京の美術館にもいくつか行きました。森アート美術館ではAIロボットの展示があって面白かったです。そして屋上からの景色もよかった。森アート美術館、おすすめです。 あとは食べ物!アメリカにいたときはあまり魚は食べていませんでしたが、日本では魚がおいしすぎていつも食べてしまいます。あとはてんぷら、とんかつ、やきとり。月島で食べたもんじゃも好きでした。Mujinの人たちと遊びにいく機会も多く、充実した日本生活を送っています。 ーー インターンを考えている後輩たちへのアドバイスは? もしMujinに興味があるのであれば、まずは応募してみましょう。日本にあるから、日本語が話せないからといって怖がらなくて大丈夫。僕自身、それは全然問題ありませんでした。 スタートアップで働く上で重要なことは、自分がどんなスキルを持っていて、どう会社に貢献できるかです。スタートアップでは、一人ひとりがリーダーとして自分のプロジェクトを推進していかなければなりません。自ら問題を見つけ、解決するマインドが大切です。 日本では人口減少が進む中で、労働力不足は日に日に深刻化しています。Mujinは、その問題に対して、ロボティクスのソリューションを提供しています。社会問題に対して、自分が変化を起こしたい。そういった強い情熱があると、インターンシップを通してより多くのことを学べると思います。 日本国外の人も国内の人もぜひこの東京にあるシリコンバレーMujinで、リアルな問題解決にあたる難しさと楽しさを体感してみることをおすすめします。

Googleも欲しがった「東大ロボ集団」 その顔ぶれは(日本経済新聞)

日経産業新聞の東京大学の情報システム工学研究室「JSK」の特集にて、CTOロセンを含めMUJIN社員4名が取材を受けました。 「起業にはJSKがベストだった」と語るロセン。 そのJSKを卒業して活躍されている方々の考えや繋がりについて書かれている面白い特集です。Googleも欲しがった「東大ロボ集団」 その顔ぶれは

Rosenが新成人に薦める一冊(日刊工業新聞)

新成人の皆さま、成人の日おめでとうございます! 本日の日刊工業新聞にMUJIN CTOロセンによる「新成人へのおすすめの本」が掲載されています。ロセンらしい1冊です笑。 【2020】経営者たちが新成人に薦めるこの一冊|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社 英語版: "Artificial Intelligence: A Modern Approach" https://www.amazon.com/Artificial-Intelligence-Modern-Approach-3rd/dp/0136042597 日本語版: 「エージェントアプローチ 人工知能」 https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%81-%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD-%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB/dp/4320028783 AIとよく言われるけれど、実際なにもの?AIを丁寧に説いた入門書です。 AIワードだけに流されず、自分で理解して正しい選択をして欲しいというメッセージです!  本日が新成人の方にとって節目となる素敵な1日でありますように★

清華大学学生 オフィスツアー

中国の名門、清華大学のコンピューターサイエンス専攻の学生7名が、MUJINオフィスに遊びにきてくれました!MUJINエンジニアによる技術説明に始まり、知能化されたロボットの実機デモやオフィスの見学、MUJIN社員とカジュアルランチで交流など、内容盛りだくさんなツアーとなりました。向学心に燃える学生との交流はMUJIN社員にとってもよい刺激となり、中国からはるばるMUJINを訪問してくれた学生の皆さんに心から感謝です。

Mujinと繋がる

939ファンいいね
250フォロワーフォロー
904フォロワーフォロー
1,750購読者購読