ロボットをもっと使いやすく。「すべての人に産業用ロボットを」の実現に向けて ~社員インタビュー フロントエンドシステムチーム編~

Mujinメンバーに話を聞こうシリーズ!今回は、フロントエンドシステムチームの皆さんにお話を聞いてみます(日本語に翻訳してお届けします)。

フロントエンドシステムチームは、Mujinの中でも知能ロボットソリューションを実現するにあたって鍵となる、インターフェースソフトウェアを担当しています。

まずは、チームのリーダーであるBinbinに話を聞いてみましょう!

— 今日はありがとうございます!Binbin、まずはチームのミッションについて教えてください。

フロントエンドシステムチームには開発とデザイナーの2つのグループがありますが、一丸となってロボットインターフェースソフトウェアを作っています。

Mujinは“Industrial robots for everyone(すべての人に産業用ロボットを)”というスローガンを掲げ、過酷な作業をロボットで担うことで人々がよりクリエイティブな仕事に集中できる世界を目指しています。私たちはロボットを知能化することで、これまで不可能であった複雑な工程の自動化を実現してきました。しかし、ロボットの構造は非常に複雑なため、未だに高度なタスクをこなすロボットのセットアップは限られた人でしか行うことができません。セットアップに要する期間も、Mujinによって1年以上だったものが1か月程度に短縮されましたが、まだそれでも十分ではありません。

私たちのミッションは、誰でも簡単に一瞬でロボットのセットアップが可能となるような、ユーザーフレンドリーなロボット向けインターフェースソフトウェアを作ることです。まさにテレビゲームのチュートリアルモードのように、プロでなくても自然とセッティングができるようになるのが理想です! 

Mujinには、主に3つのインターフェースソフトウェアがあります。ロボットのセットアップ、トラブルシューティングと分析、そして現場で利用するアプリケーションです。

1つ目は、ロボットを導入するときに使います。インテグレーターやロボット使用者の方が、このソフトウェアを使って、ロボットと他の機器を接続したり、工程に合わせてカスタマイズ設定を行います。

2つ目は、エンジニアとインテグレーター向けのトラブルシューティングアプリケーションです。ロボットの世界は非常に複雑で、その一瞬一瞬の間に無数の信号やフィードバックが飛び交っています。何かおかしいことが起きても、その原因を即座に特定するのは至難の業です。そうしたトラブルシューティングを助けるのが、このアプリケーションです。

3つ目が、お客様向けの現場で利用されるアプリケーションです。プロセスを管理したり、予期せぬ事態でもシステムを復旧できる仕組みになっています。

— このチームでは、どんなスキルが重要ですか?

私たちの仕事は、開発から生産まですべてのプロダクトライフサイクルに関係しています。開発として、ただAPIを呼び出すだけでなく、データの流れや現場のピッキング作業のロジック、バックエンドシステムへの影響などあらゆることを把握していなければなりません。自分が何を開発しているか把握するということは、単に仕様書に従ってコーディングすることではありません。

フロントエンド開発の性質上、エンジニアは様々なバックエンドシステムを使うことになります。そのため、オープンマインドで意欲的に新しいことを学んでいく姿勢が重要です。例えば、予期せぬ結果が戻って来たとき、それはAPIのバグなのか、APIの使い方が誤っているのか判断できますか?バグだと分かったとき、他の人が直すのを待つこともできますが、もしすぐ直せそうであれば、自分で対応して該当のチーム宛てにプルリクエストを作成することもできます。“Take initiative, be independent(行動を起こす最初の一人になれ)”というのは、Mujinの大切にしているバリューの一つです。

成長意欲があり、社会に貢献したいと思っている方には、とても良いところだと思います!

— Binbin、ありがとうございました。他のチームメンバーにも話を伺いたいと思います。
どうしてMujinを選んだのか、実際働いてみてどうか、教えてください。

興味を持ったきっかけは、ロボティクスへの興味から、Mujinを知りました。そして面接を通して、特に最終面接の中で、入社したいと強く思うようになりました。最終面接は、一般的によく使われるその場でただコーディングを行うようなものではなく、プロジェクトベースなので、より自分の実力を示しやすいですし、課題を通して実際のMujinでの日常の仕事をイメージすることができました。
フリーランチと社内ジムが両方揃っているのも助かります└( ^o^)┘。

Mujinのフロントエンドシステムチームでの仕事は、他社のフロントエンドポジションと一味違います。フルスタックエンジニアという色合いが濃く、システムアーキテクチャやUI/UXの領域も絡みます。もちろん大変ですが、たくさんのことを学び成長できていると感じます。
本当に優秀な同僚に囲まれてと働けるのも、とてもありがたい点です。

日本に住むのが長年の夢で、日本での就職を考えたときに出会ったのがMujinだったのですが、知っていくうちに、ビジョンやビジネスがとてもユニークで面白いと気づきました。以前の職場と比べ、Mujinでは周りのメンバーの情熱をとても感じます。
自分のやっていること、自分のいる場所が大好きなので、自然ともっと成長したい、と思います。 

Mujinには世界中から優秀な人が集まり、わくわくする問題解決に取り組んでいます。異なる観点、文化を持つメンバーと働くことで、日々多くの刺激を受けています。
ロボティクス分野は私にとって初めてなので、毎日が勉強です。オフィスには、私たちのチーム専用のロボットセルも用意されていて、ロボットについて学ぶにはとてもありがたい環境です。ロボティクスが未経験でも、オープンマインドで意欲的であれば、問題なくキャッチアップできると思います。

もちろん、Mujinの仕事はとてもチャレンジングで簡単ではありません。常に納期へのプレッシャーがあります。でも、自然と仕事に夢中になってしまいます。自分がやり遂げたい、と思うことをやっているので、仕事をして疲れたと感じることはあまりありません。

— 情熱的なコメントを、皆さんありがとうございます!

フロントエンドシステムチームでは、新たに加わるメンバーを募集しています。興味がある方はぜひ、フルスタックエンジニアへご応募ください!

Mujinと繋がる

936ファンいいね
250フォロワーフォロー
904フォロワーフォロー
1,660購読者購読