最先端ロボットセンター併設!イノベーションが生まれるMUJINオフィスをご紹介

ビジネスの急拡大に伴い、MUJINは昨年2019年に本社移転を行い、江東区辰巳に新オフィス兼ロボットセンターを開設しました!
その広さ、14,303㎡。前回のオフィスと比べ、8.5倍以上もの大きさとなりました。

ロボットセンターを併設したこのオフィスには、随時ロボットが運ばれてきて、開発・調整・テスト等を行います。そのため、業務用エレベーターや高い天井は必須。オフィスも大きな倉庫を改造して造られました。

今回はその新オフィスの一部をご紹介します。

▼レセプションエリア

オレンジとグレーで統一されたレセプションエリアは、MUJINのデザイナーが手掛けたもの。コーポレートカラーであるオレンジが目を惹きます。


これまでいただいた賞やトロフィーも飾られています。


▼ロボットソリューションデモエリア

レセプションを抜けるとまず目に入るのが、複数のロボットです。こちらはデモエリアとなっていて、MUJINが提供している自動化ソリューションの一部を常時お客様等にご覧いただけるスペースとなっています。常時実際のロボットソリューションが展示されているオフィスは都内でも珍しい環境です。

 

▼オフィスフロア


ガラス張りの壁や、コミュニケーションが取りやすいよう工夫されたレイアウトなど、執務スペースもこだわりがつまっています。高スペックのPCやモニター配布など、各自が働きやすい環境整備を心がけています。

 

▼開発エリア


エンジニアフロア横から見える、ガラス張りの部屋がロボット開発エリア。ここには常時100台前後のロボットが置かれており、新規開発やお客様先へ導入するための調整やテストなどが行われています。常にロボットを触ることができるこの環境は、エンジニアにとって夢のような場所。日々ここで新たなイノベーションが生まれています。

   

▼プロダクションエリア


ハードウェアチーム専用のエリア。プロダクション工程が行われています。集中して作業に取り組むことができるよう、整備されています。実はお掃除ロボットもこの部屋の中で動いています。


▼カフェテリア


大きなキッチン、カフェテリアスペース。MUJINシェフのつくる、多国籍ビュッフェを毎日楽しむことができます。(フレンチシェフの作るMUJINのフリーランチ

 

食後はソファーエリアでゲームを楽しんだり、おいしいコーヒーを飲んでリラックスしたり。(カルチャーを体現する「MUJINこだわりのコーヒー」とは?)

ランチタイムは、チームを超えて色々な人とコミュニケーションを取ったり好きなことをしたり、大切なリフレッシュの時間となっています。

 

▼ジム


仕事に没頭していると、ついつい身体を動かすことを忘れてしまいがちです。健康の維持そしてリフレッシュのためにも、新しくオフィス内にジムがオープンしました!

 

このようにMUJINのオフィスは1年経った今でも日々進化しています。メンバーそれぞれが主体性を持って会社を作り上げていくというベンチャーカルチャーだからこそ、必要だと思うことがあれば意見を出して、形にしていくことも可能です。

今後ともアップグレードしていくMUJIN本社の様子、お届けしていきます!

このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH