MUJINに”知能化”された産業用ロボットは何ができるの?その3

産業用ロボットの知能化を実現し、プログラミングなしでロボットの導入を可能にしたMUJIN
 

知能を与えられたロボットは瞬時に状況を判断し最適な動きを自ら計画する事が可能になり、

人の介在が不可避と言われてきた製造業・物流業の分野でもロボットによる自動化を可能にしました。


MUJINの抱える数多くのロボット自動化ソリューションの中から

今回はMUJINのピッキングソリューションと連携し力を発揮するモバイルロボットをご紹介致します。

 

MUJINはなぜモバイルロボットを提供するようになったのか?

MUJINがモバイルロボットを提供するのはMUJINのスローガン「すべての人に産業用ロボットを」の世界を実現するためです。

産業用ロボットの能力を最大限に発揮するためには、ロボット以外にも周辺設備やオペレーションを変更する必要があります。

しかしながら、こういった設備や体制を整えるにはそれなりの投資が必要であり、投資資金が限られている中小企業のお客様には厳しい選択肢でした。

そのような状況でもMUJINは投資資金が限られているお客様にも自動化技術を届けたいと考え、お客様が取れる新たな選択肢として、初期投資を抑えながらも自動化を実現できるモバイルロボットの提供を始めたのです。

そんなMUJINのモバイルロボットを紹介いたします。

 

倉庫内を動き回り柔軟な物流を実現するロボット ~MUJIN AGV


お掃除ロボではありません!

物流の自動化というテーマでは頻繁にクローズアップされるロボットなので見た事のある方もいるかもしれません。

 

AGVAutomatic Guided Vehicle)は自由に倉庫内を駆け回り目的の地点まで商品を上に乗せ運んでくれます。従来の自動倉庫やベルトコンベア程の商品の処理能力はありませんが、初期投資を抑えることができ、設定したルートを変更すれば商品を運ぶ経路を自由に変えられるという柔軟性を特徴としています。

E-コマースが発達し取り扱う商品の変動が激しい現代の物流業界では非常に注目されているロボットです。


何がすごいの?

  • 重い荷物を乗せ倉庫内を自由に駆け回ることが出来る!
  • 設定を変えるだけで倉庫内の物流ルートを柔軟に変えることが出来る!



倉庫内の高い棚にも届くモバイルロボット~MUJIN CTU


倉庫は保管スペースを確保するために立てのスペースも利用する事が一般的です。

なのでモバイルロボットも縦のスペースに物を持っていく事を目的としている物もあります。

 

それが棚型無人搬送車のCTUです。

AGVの柔軟な倉庫内物流を実現できる特徴に加え、高い棚から荷物を取ったり、保管したりと行うことができます。



何がすごいの?

  • AGVと同じように自由にルートを設定する事が出来る!
  • 棚に積み上げられた商品を取り出したり運ぶことができる


MUJINのソリューションにモバイルロボットが加わることで実現する世界

 

物流業界では注目度の高いAGVですが、我々はAGVだけでは倉庫内物流の真の自動化は実現しないと考えています!

なぜならAGVは商品を運ぶことはできるのですが、その運び先で商品を引き取るのを待っているのは人だからです。



AGVのみでは最後には人が手で商品をピッキングする必要があるのです。

このピッキングという作業の自動化を実現可能にしたのがMUJINです。

 

モバイルロボットとMUJINのピッキングロボットが組み合わさる事により初めてMUJINが目指している

物流業務の完全な自動化という世界が実現可能となっています。


MUJINの自動化トータルソリューション


We Are Hiring

 

少子高齢化が進む先進各国の労働不足、過酷な単純作業からの人類の解放。

MUJINはこれらの社会課題の解決に具体的なソリューションを提示しております。

多くの人々が理想として掲げてきたロボットによる自動化をMUJINは実現しており、

この技術を共に世界に広げる技術営業をMUJINでは募集しております。

 

世界が変わるのを傍観者として眺めるのではなく、我々と一緒に当事者として世界を変えましょう。

世界を変える組織にJOINする 

Don't be a Nobody. Leave that to our Robots.


このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

最先端ロボットセンター併設!イノベーションが生まれるMUJINオフィスをご紹介