投稿

ラベル(MUJIN社員に話を聞こう)が付いた投稿を表示しています

シリコンバレーにいる感覚。東京にこんな企業があるなんて。~ 社員インタビュー インターン編 ~

イメージ
MUJINではインターンシップ生の受け入れを積極的に行っており、国内・海外問わずTOPの学生が参加してくださっています。学生の方にとって、実世界の問題解決にあたるという経験を通して、日ごろ学んでいる技術がどう活かされるのかというのを体感しながら、経験を積んでいただく機会になればと考えています。

MUJIN社員に話を聞こうシリーズ!として今回は、インターン生としてMUJINで働いているTabをインタビューしました。Tabはアメリカ シカゴのイリノイ大学の大学院生で、MUJINのハードウェアチームで働いています。



ーー MUJINに興味を持ったきっかけは?

LinkedInでインターンシップの募集を見かけて、MUJINの存在を知りました。
他社と比べてまず違うと思ったのが、SNS上でたくさんの発信をしているというところ。僕はとても外交的な性格なので、このように会社のありのままがたくさん発信されていて、外からでも分かるというのがとても魅力に思いました。MUJINでは、メンバー一人ひとりが製品やロボットについて理解していて、そしてみんなロボットが好きなように感じます。

もともと僕の興味はロボティクスにあった訳ではありません。ずっとパワーサプライのハードウェアに携わっていましたが、その領域はテレビゲームだったり、医療システムだったり。MUJINのホームページを見たときに、1つの会社の中でこんなに色々なパワーシステムが使われているんだと気づき、自分の専門性を高めるためにもよい環境だと思いました。

そしてやはり「ロボティクス×日本」という点に惹かれました。日本は特に自動化において先進的で、高度な技術がたくさんあります。最先端な日本でロボットに携われるということにわくわくしたのです!


ーー 選考プロセスはどうでしたか?

応募してから数日後、採用担当から電話があり、履歴書の選考を通過したという連絡をもらいました!またそこで、MUJINのビジネスや日本についても色々と説明いただきました。
日本語は全く話せないし、アジアの国に行くこと自体初めて。日本に行くということについて少し不安に思っていたのですが、そんな不安も電話の中で取り除いてもらいました。

その後、依頼を受けてスキルシートというものを提出。会社が求めているスキルと自分の持っているスキルがどのくらいマッチしているかを示せるものな…

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

イメージ
MUJINの社員に話を聞こうシリーズ!今回はインテグレーションエンジニアとして活躍するNoriさんにお話を伺いました。
東大のロボット研究の名門 情報システム工学研究室(通称JSK)を卒業し、大企業を経て昨年MUJINへ参画。そんな輝かしい経歴にも関わらず、とてもフレンドリーで気さくなNoriさん。楽しくお話しさせていただきました!


ーー さっそくですが、Noriさんはどうしてロボットやインテグレーションに興味を持ったのですか?

小さいころからものづくりが好きでした。父と一緒に家の庭にウッドデッキをつくったり、棚をつくったり、車をいじってみたり。ヒトに役立ち・わくわくさせるようなものづくりを仕事にできたら面白いだろうなぁ、と幼少期の経験から思うようになっていました。

東大に入学した時点でも、ものづくりに携わる建築系や機械系に進もうと決めていました。
大学1年生のときの講義や研究室見学などを通じて、建築は職人・芸術の要素が強い分野。機械系の中でも特にロボットの分野は、まだまだ技術的に発展途上で、これまでにない価値を世の中に提供できる可能性の秘めた領域。そんな印象を持ち、ロボット系へ進むことを決めました。

中でも数ある研究室からJSKを選んだのは、「ロボットが一番動いていた」から。単純に聞こえるかもしれないけれど、これは一つの軸としてとても重要なことだと思っています。社会実装されて使われるためには、動いて仕事をしてこそのロボット。
机上の研究にとどまることなく、動かすこと・どう実装するかにフォーカスしていたところが魅力に感じて決めました。小さい頃から「実質的に世の中に役立つものをつくりたい」という気持ちが漠然とあったので。そこでは、ロボットの中でもハードウェア・メカトロニクスを専攻し、ヒューマノイドの新たな機構制御や設計手法などを研究していました。


ーー これまでどんなキャリアを歩まれてきたのでしょうか?

大学院卒業時の就職活動の軸は、「ロボット技術の実用的な応用」。研究していた知識を活かして、産業として実用的なものを生み出したい。ただ、産業用ロボットは考えていませんでした。成熟している領域なので、研究していたことを新しく応用するのは難しいだろうなぁ、と思い。

結局、「メカトロニクス技術の実用化」というところに主眼を置いて、半導体製造装置メーカのメカトロニクス技術部へ就…

MUJINロゴに込められた想いとは?~ CTO Rosen インタビュー~

イメージ
何気なく目にする企業や教育機関の名前やロゴ。普段意識する機会は少ないかもしれませんが、実は大切な想いやメッセージが詰め込まれているかもしれません。
では一体MUJINの社名やロゴにはどんな想いが詰まっているのでしょう...?

今回はその謎を解くべく、MUJIN CTOであり、社名やロゴを生み出したRosenを直撃インタビューしてみました!



ーー そもそもどうして「MUJIN」という社名にしたのでしょうか?

MUJIN(むじん)には2つの意味が込められています。ロボットによる現場の「無人化」と、無限のポテンシャルを意味する「無尽蔵」という2つの言葉を掛け合わせました。
Isseiと2人で創業した当初から、世の中でできていない複雑な作業の自動化(無人化)を絶対に実現する、という強い思いを持っていました。


ーー ロボットアームはロゴに入っていないですね?

ロボットアームは入れたくありませんでした。
MUJINはロボティクス企業ですが、ロボティクスとはロボットのハードウェアを作ることとは関係ないからです。


ーー なるほど。左側のMがMUJINの「M」を表しているのは分かるのですが、このロゴに込められた意味はなんでしょう?


この規律はAIの鍵となる分散コンピューティングと並列コンピューティングを表しています。ロボティクスは、さらに電気工学・ハードウェア工学・データベース・コンピュータサイエンスなどが組み合わさって成り立ちます。そういった技術が集結している様子、そしてその結果様々なロボットアプリケーションを作り出している様子を表しています。
また、Mが未完成なのは、MUJINの無限の可能性を示しているのです。


ーー mujinという文字はどうですか?



mujinと書かれていますが、「i」が抜けていて、無人を示しています。
さらにこの部分は、胴体のない人の頭に見えますね。
これはMUJINがブレイン(脳)の部分を担っていて、ハードウェアでないことを指しています。


ーー ロゴの色にも理由はありますか?

もちろん。さきほどの「i」の点が赤なのも理由があります。
私は日本こそがMUJINの拠点として最適な場だと信じています。なので日の丸の意味も込めているのです。
またMの赤とオレンジ色は、火の色であり、エネルギーや力強さ、情熱を意味していて、MUJINの熱いパッションが込められています!


ーー これほどの色々な想いが詰め込…

ロボットダイジェスト:実績を重ね、普及拡大のフェーズに入った/MUJIN滝野一征CEO

イメージ
滝野がインタビューを受け、MUJINの”今”について語りました。



前編・後編、こちらからアクセスください!
実績を重ね、普及拡大のフェーズに入った【前編】/MUJIN滝野一征CEO
実績を重ね、普及拡大のフェーズに入った【後編】/MUJIN滝野一征CEO


好奇心を持って没頭した結果、お客さまに貢献できる場所 ~社員インタビュー ロボティクスエンジニア編~

イメージ
MUJINの社員に話を聞こうシリーズ、第3弾! 今回は、MUJINのコア技術であるロボット制御を担う、ロボティクスエンジニアのShinさんをインタビューしてみたいと思います。

ーー 「ロボティクスエンジニア」はどんなお仕事ですか? MUJINは産業用ロボットを動かすソフトウェアを作っているのですが、その根幹となるロボットの動きをプランニングし、ロボット制御を設計する部分を担っています。
ーー 印象に残っているプロジェクトは? 自分が心に残っているプロジェクトの1つは、PALTAC様の物流センター内における、段ボール積み下ろし作業の自動化です。 ロボットの分野は特に、ソフトウェアだけで完結する世界とは異なりハードの部分も絡むので、理論上うまくいっても実際にはうまくいかないことばかりです。現場では数ミリのズレで段ボールの認識に失敗したり、お互いかみ合ってしまったり。現場で何千回ものテストを繰り返し、初めて分かったこともたくさんあります。 さらに、実用化レベルとして許容されるには、99.9%の成功率では足りず、もっと正確な数値を実現させなければなりません...。 結果、ほぼ1か月ほど現場に張り付いての作業となりましたが、無事稼働したときの充実感はとても大きく、また最終的に大きなロボット4台が自分のコードで動いている姿を見ることができ、感動しました。 ーー なかなかの根気が必要のように感じますが、成功の秘訣はなんでしょうか? 「実際にこれを世に出してやるんだ!」という情熱、ですね。それさえあれば、あとは一つ一つ問題を潰していくだけ。 MUJINのコア技術である「モーションプランニング」も、理論上は前から存在していましたが、誰も実用化できていませんでした。創業者でありCTOであるロセンが、情熱を持って、必ずできると信じて取り組み続けた結果、実用化に成功したのです。

ーー Shinさんはどんな学生生活を送っていたのですか? もともと飛行機や自動車などの動くものが好きで、機械工学を専攻しました。またソフトウェアも好きで。オープンソースの開発にも熱中し、その延長に今の仕事もあるな、と思います。 自分が頑張って作ったものに対して、ポジティブなコメントがもらえ、作ったものが役立ったと感じるときがとても嬉しくて。今もオープンソース開発やりたいくらいですが、まぁ会社で似たように役立った…

アマテラス:心から「応援したい」と思う1社に全リソースをつぎ込む面白さ

イメージ
MUJIN経営企画部長兼管理本部長/執行役員である大黒のインタビュー記事をアマテラス様にご掲載いただきました。


株式会社MUJIN 大黒純平氏 転職者インタビュー | スタートアップ・ベンチャー転職の アマテラス

『心から「応援したい」と思う1社に全リソースをつぎ込む面白さ』

公認会計士だった大黒が、なぜスタートアップのMUJINを選んだのか。
一見クールに見える彼の苦労した過去や熱い思いが詰まった内容になっています。

ロボットを最大限に活かして、今まで存在していなかった無人の工場設計に携わる ~ 社員インタビュー ロボット物流コンサルタント編 ~

イメージ
MUJINの社員に話を聞こうシリーズ、第2弾!


「荷物は増えるが人手は足りない」

人材不足が特に深刻化し省人化・無人化が急務とされる物流業界のお客様にソリューションを提供する”物流コンサルタント”のお仕事について、物流企画部で活躍するKentaさんにお話を伺いました!



ーー 普段はどんなお仕事をされているんですか?
人手不足に対応するため、「MUJINのロボットを設置して、できる限り物流センター・倉庫を自動化させたい」というお客様の依頼を受けて私たちの仕事は始まります。 お客様が、弊社ロボットやマテハン機器(自動倉庫、無人搬送車AGV、コンベヤ等の設備)を最大限に利用し、物流センター全体のレイアウト(間取り)を設計しやすいように、周辺機器の情報も含めて技術的な提案をして行くのが私の仕事です。 ーー MUJIN入社前はどんなお仕事を? MUJIN入社前は、某大手エンジニアリング企業でシステム全体を考えるシステムエンジニアをしていました。
営業が持ってきた見積もり、取引先からヒヤリングをしてきたイメージを聞き、それが本当に実現できるのか、コンピューター上で図面を書き、「何パレット入るのか、どこから入荷して、どこから出荷するか」等の詳細を取引先と話しながら調整を積み、機械の仕様を固めてプロジェクトを進める仕事をしていました。 ーー どうしてMUJINへの転職を決めたのですか? 一番の理由は、0から物流倉庫・センターを立ち上げる際の考え方が面白いと思ったからです。 マテハンメーカー(自動倉庫、フォークリフト、コンベヤ等の設備メーカー)は、人の作業効率を上げるために、単純作業の工程をロボットにやらせることが多いんですが、MUJINは、物流センタ―・物流倉庫を可能な限り自動化するためにロボットをどこに設置できるか、ロボットありきで考えるんですよね。 あとは、案件が大きい。今まで存在していなかった無人の倉庫立ち上げに携わるので、それは面白そうだなと思いました。
ーー 入社してみてどうですか? 案件に関しては、本当に大きい仕事をしているし、能力の高い人がすごく多い。そんな中でもわきあいあいと仕事をできていて、すごく楽しいです。 重工系のシステムエンジニアは、英語に触れる機会もほとんどないのですが、MUJINは社内がグローバルなのと、今は中国のお客さんを対応してるので公用語の英語を使う環境であり、片言ながらも頑…

MUJINに転職して「最高!!!」~ 社員インタビュー リファラル入社編 ~

イメージ
創業8年を迎えたMUJINは、創業当時から社員による積極的なリファラル(社員紹介)を行っており、従業員が110名を越した今でも約4割の方が紹介での入社をしています。
社員が「この友達はMUJINに向いてるかも」と思って会社を薦めるので、MUJINに合う方が来て下さり、候補者にとっても実際の社員からありのままの情報を聞けるので、より興味を持って選考に参加して下さるので、採用成功につながる可能性がとても高いのです。


今回は、大学時代からの友人(仮名:ジョニーさん)からの紹介を受け、MUJINに転職して「最高!!!」と話す、ポジティブインフルエンサー(仮名:デップさん)にお話を伺いました。





ーー 紹介者(ジョニーさん)との関係を教えてください

彼が大学の研究室の一つ下の後輩で、僕が先輩です。卒業後もよく飲みに行ったり、遊んだりしていました。今も仲良いです。
*この日も事前打ち合わせなしの服のシンクロぶり!

ーー どうやって、MUJINを知ったんですか

元々大手企業に勤めていたジョニーが今までと違う、新しいベンチャー企業に転職したのでどうなんだろうって興味が湧きました。ジョニーから、”面白い会社だよ”と教えられ2017年12月に国際ロボット展に行ったのがMUJINとの出会いですね。


ーー MUJINを最初に見た印象は、どうでしたか

従業員30人ぐらいの会社で一番おっきいブース出してて、ただただ圧倒された。感動したけど自分はこんなすごいことできるわけないと、その時働くイメージはなかったですね。


ーー そこからどうやってMUJIN応募に至ったんですか

半年たった頃、いつものようにジョニーと飲んでいていて、僕も当時大手企業に勤めていたのでルールが決まりきっていることなど、大企業ならではの悩みを彼に話していたんです。

その時に、「一度会社に来てみたら」との誘いを受けて、すぐに転職の気持ちはなかったけど、将来的に転職を考えるときの参考になるだろうと、オフィスに行くことにしました。


ーー オフィスを訪れてみて どうでしたか

印象が変わりましたね。行くまでは「MUJINシステムは完璧!スーパーエリート集団!」と思ってました。実際に行って見て「やってることはすごい!ロボット動くのもすごい!」はそうなんですけど、当時は裏がぐしゃぐしゃだったり。(笑)

ロボットの積んでるものも手作りだった…

「この会社をよくしたい」と心から思えるかが一番大事。~MUJIN社員インタビュー 人事編~

イメージ
MUJINの社員に話を聞こうシリーズ、第1弾!HR(人事部)で活躍するKotomiさんにお話を伺いました。 実は彼女、今年3月に入社をし、MUJIN歴はなんとまだ3か月。しかし、持ち前の笑顔と社員一人ひとりに寄り添う優しさで、みんなを助けるお姉さんとして、既に今ではMUJINに欠かせない存在となっています。

そんなKotomiさんに、「HRとしてどんなことをしているのか」「どうしてMUJINに入ることにしたのか」「入ってみて感じるMUJIN」など、色々お話ししていただきました!


ーー HRとして、どういうお仕事をされているのですか? MUJINは急速に成長しているベンチャーで、会社の仕組みも変化に合わせて改善・変更していく必要があります。 社員の皆さんが存分に力を発揮できるよう、また快適に働けるように、会社の制度を設計し、運用しています。 また、MUJINの半分は外国籍の社員です。彼・彼女らのために、ビザの手配や私生活面を含めたライフサポートも私の担当の一つです。 ーー「ライフサポート」ってユニークなお仕事ですよね。 MUJIN社員の中には、国外に住んでいて、もちろん日本語も分からないにも関わらず、MUJINに魅力を感じ、MUJINに入社するために、わざわざ日本へ引っ越してきた人も少なくありません。 そんな人たちにとっては、「携帯電話が欲しい」「病院に行きたい」「子供を保育園に入れる必要がある」....そういった生活に必要なものを得るにも、やり方が分からなかったり、言語の壁があり、難しいのが実情です。 会社として「ライフサポート」のポジションを用意しているのは、世界中から会社の目指すものに共感してここに集まってくれた社員に対して、誰に相談すればいいか分からないような生活のことも気軽に相談できる場をつくり、仕事以外のことでできるだけストレスを感じないように手助けしようという想いが強いからです。 社員想いの会社づくりをしている、というところはMUJINの一つの魅力だと感じています。 ーーどうしてMUJINへの転職を決めたのですか? これまでのキャリアにおいて、人事・採用・広報・特許・総務など幅広い経験を積んできました。会社の仕組みの中で何か問題だと感じることがあれば、自分で変えていきたいと思うタイプなので、管理部周りの業務に携わることが多くありました。 MUJINのリクルーターからスカウトをもら…

革新への情熱/社員インタビュー動画ができました!

イメージ
MUJINメンバーの熱い想いが詰まった、新しいビデオができました!


同じ想いをもって一緒に働く仲間、募集中です。

Robotics is the Future ~エンジニア社員インタビュー~

イメージ
MUJINには、世界中からTOPのエンジニアが集まっています。

なぜ彼らがわざわざ日本という国のMUJINという企業に参画するのか。
彼らの情熱を感じてください!


このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

MUJINロゴに込められた想いとは?~ CTO Rosen インタビュー~