投稿

ラベル(MUJINカルチャー)が付いた投稿を表示しています

カルチャーを体現する「MUJINこだわりのコーヒー」とは?

イメージ
MUJINのカルチャーの一つに、「Pursue the Highest Quality(最高品質の追及)」があります。現場で使われる実際のソリューションを提供している会社だからこそ、常に最高品質のものを出すことへ、こだわりをもっていなければなりません。

この考え方は、MUJINで提供されるコーヒーにも体現されています。

MUJINオフィスでは、挽きたてのおいしいコーヒーをいつでも楽しむことができます。このコーヒー文化はMUJIN創業時からあるもので、CTO Rosenのこだわりにより実現されました。


Rosenは真のコーヒー好きとして知られています。
それは彼がUCバークレー大学1年生のときでした。それまで1日12缶もコーラを飲むコーラ少年だったRosenに、転機が訪れました。
昼下がりの教室。薄暗いライト、ブンブンと音を立てているプロジェクター、永遠と続くかのような教授の単調な話... ふっと学生たちの気を遠のかせるのにはベストな状況。
「授業に集中したい、でも...」誰しも学生のときに一度はそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。

そこでふとコーヒーを一口飲んだRosen、ぱっと意識が戻ってきたのを感じました。
コーヒーを飲むと、自分は一気に集中できる!と、彼は気づいたのです。そこからというもの、コーヒーは彼の生活の一部となりました。
「おかげで大学4年間の内容は、メモを取ることなく、すべて覚えている」と言います。
後に「モーションプランニングの権威者」とも言われるようになったいわゆる天才Rosenは、コーヒーなくして存在しなかったのかもしれません。

MUJINを創業するときRosenはIsseiに、「オフィスではいつも挽きたての一流品質のコーヒーが欲しい」とリクエスト。まだ机2つの小さなオフィスで、です。「インスタントコーヒーとかではなく、街なかのおしゃれなコーヒーショップで出される一流の味でないと」
常に最高品質にこだわるカルチャーは、ここにも反映されていました。
おいしいコーヒーをオフィスに置く背景には、「メンバーの時間はとても貴重」という考えもあります。コンビニやカフェにわざわざ行かなくても、おいしいコーヒーを飲みながらメンバーみんなが集中して業務に取り組み、高いアウトプットを出せるよう、効率を考えてのことなのです。


MUJINにある全自動J…

MUJIN Story #2:本格始動までの道のり

イメージ
2011年に創業し、間もなく10年目を迎えるMUJIN。その創業期や成長の過程秘話をMUJIN Storyとして数回に分けてお届けしていきます!

今回は Episode 2「本格始動までの道のり」。

2009年の国際ロボット展で運命的な出会いを果たした創業者のRosenとIssei。MUJINを創業するまでの道のりは決して楽なものではありませんでした。前回の記事はこちら。
MUJIN Story #1:創業者 RosenとIsseiの出会い
今回は、そこから起業・初めてのお客さま獲得・資金調達までのストーリーをご紹介します!

ついに起業を決意
まだ事業構想も固まっていない段階。その検証をするため、日本とアメリカを駆け回り、ロボットメーカーや製造業の企業へMUJINの技術をピッチしていきました。革新的な技術。これまでの常識を覆すようなソリューション。もちろん簡単に受け入れてもらえるものではありませんでした。

それでも各社を回ることで、多くの知見や事業戦略の改善点を得ることができました。日本へ帰国後、RosenとIsseiはその学びを元に、デモのブラッシュアップを重ねました。
当時2人とも元の仕事を辞めていた訳ではありません。二足の草鞋でやっていた2人は、夜11時まで各自仕事をし、そこからほぼ毎日朝の3時までデモの開発を進める日々。そんな生活を半年ほど続けていました。

そんなある日、「この生活をもう半年続けたら、2人とも死んでしまう!」と、ついに至り、元の仕事を辞め、会社を興す決心をしました。最初の資金は自分たちで持ち寄った100万円。
2011年7月、こうして正式に会社を設立し、MUJINをスタートさせました。
社名は「無人化」と「無尽蔵」を掛け合わせたもの。(詳しくは、MUJINロゴに込められた想いとは?~ CTO Rosen インタビュー~で触れています。)

Never Give Up, Never Surrender
ある日、2人は大手ロボットメーカー、デンソーウェーブ様の前でデモをするという絶好のチャンスを得ました。もちろんそこに向けて全力で開発を進めていきました。しかし、実現しようとしていることも容易いものではありません。本番の日が迫る中、なかなかデモが動いてくれない...。どうしても、と事情を説明し、デモの日程を2週間延長してもらいました。

その2週間が終…

バレンタインデーイベント★

イメージ
Happy Valentine's Day ♡


当日のランチタイムにバレンタインを楽しみました!大きく成長しているMUJINですが、このような温かい文化は大切にしています。

シェフが作るランチメニューにも、おいしいブラウニー・チョコレートケーキ・ホットココアが登場。


キッチンエリアもデコレーションをしてバレンタイン仕様。MUJINメンバーのFriendshipに感謝をしつつ、ちょっとしたイベントも行いました。

まずは”Workplace Love"。MUJINメンバーへの感謝の気持ちや温かいメッセージをそれぞれ書き、デコレーションしました。

もう一つは"Cookie Decoration"。HRチームがハート型のクッキーとアイシングを用意。思い思いにデコレーションをして楽しみました。
デコレーションしてはすぐ食べてしまう人、誰かへのメッセージを書いてプレゼントする人。それぞれの個性あふれるハートが完成しました!





フレンチシェフの作るMUJINのフリーランチ

イメージ
今回は社員みんなが大好きな、フリーランチについてご紹介します!
MUJINでは、なんとミシュランレストラン出身のフレンチシェフがつくる、バラエティに富んだおいしい多国籍ビュッフェを毎日楽しむことができます。

MUJINは創業時から、ランチはコミュニケーションの場として大切にしています。ダイニングに集まって、おいしい料理を一緒に食べると、部門の垣根を越えて会話が弾みます。
新しく入社したメンバーも、このランチ時間を通して自然と色々な社員と交流し、すぐに馴染みやすい環境ができています。
また、普段仕事でなかなか接しない人との会話の中で、情報をキャッチアップしたり、思わぬイノベーションに繋がったりと、ビジネスの加速にも繋がっています。


20カ国以上の社員が在籍しているので、各国の文化の違いで盛り上がったり、お互いの言語を教え合ったり、MUJINならではの環境でもあります!
英語を強化したいメンバーには、週1回「SPEAK & LUNCH」という英語を練習する場にもなっています。(英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH


さて、実際どんなランチが提供されるのか気になるところだと思います。今回はその一部をご紹介します!
MUJINシェフのHideyoshiさん。もともとはフランスとイタリアで修業され、ミシュランを獲得したフレンチレストランでも働かれていた凄腕シェフ!
でも料理はフレンチ・イタリアンに限らず毎日バラエティ豊か。和食、中華、メキシカン、韓国、タイ、インド、ロシア....。クリエイティブな創作料理もあったりと、毎日新しい料理に出会うことができます。


多国籍企業のため、パンが主食の人もいれば、ご飯が主食の人もいる。揚げ物好きもサラダ好きも。ベジタリアンやハラルの人も。それぞれが満足できるよう、いつも工夫してそれぞれに対応した様々な料理を出してくださいます。


例えば、ある1日の献立:
生ハムとチーズの盛り合わせ/グリーンサラダ/トマトとチーズのサラダ/
お造り/ローストビーフ/焼きたてホームメイドフォカッチャ/白ご飯/
炊き込みご飯/鶏肉・大根・ごぼうの煮物/鶏のから揚げ/麻婆豆腐/
味噌汁/卵スープ/クレームブリュレ


フルーツやアサイースムージーなど、健康に配慮したメニューも豊富なのも嬉しいところ。食後はCTO Rosenがこだわって選んだおい…

It's that spooky time of year - Halloween!

イメージ
今日のMUJINオフィスには...ドラえもん、ピカチュウ、レッドスカル?!




思い思いの仮装をし、シェフが作った特製ハロウィンランチを楽しみながら、この特別な日をみんなでお祝いしました!日々の緊張から少し離れてリラックスし、同僚と一緒に楽しむことができました。
遊び心とインスピレーションに富んだ雰囲気にオフィス全体が包まれました!

(ちなみにこのMinionは... われらがCEO Isseiさんです!)

Day 1 : Each Person is Valuable

イメージ
MUJIN familyでは、誰もがとても重要な役割を担っていて、それぞれの貢献によって会社の成功は大きく左右されます。
会社が成長し続ける中で、会社のカルチャーにマッチする人をただ探して入社していただくだけではなく、それぞれが長いスパンでいきいきと活躍できる環境を整えることもとても重要だと考えています。

入社初日にオフィスに来るのは、新しい家族の仲間入りをするようなもので、新入社員みなさんにもそれを感じてもらえればと思っています。
その日にはまず、MUJINのこれまでの歩みやできごとをお話しします。MUJINがどんな想いを持ったどんな人たちで構成されていて、どうやってここまで来たかを全員に共有するのはとても大切だと考えるからです。
同じように重要な初日のもう一つのイベントは、ランチタイムの新入社員自己紹介プレゼンです。
名前と顔をみんなに覚えてもらう機会として、新入社員の方は一生懸命準備をして下さいますし、既存の社員たちもどんな新しい仲間が加わったのか知れる機会として、とても楽しみにしています。

社内文化を大切にしつつ、才能溢れる人々がいきいきと働ける環境を維持することは、MUJINがとても重要にしていることです。急成長中の、私たちプロフェッショナルチームの一員となってくださる、未来のメンバーにお会いできるのを楽しみにしています。

MUJIN 8周年パーティーの様子をご紹介!

イメージ
2019年7月6日にMUJINは、創業8周年を迎えました!
創業してからの8年、お客様やパートナー企業様、日々仕事に情熱を注ぐMUJINメンバーやその家族の皆様に支えられて、MUJINも100名を超える会社へと成長することができました。 メンバーと家族で行われた創業8周年記念パーティーでは、これまでの成果・成長を祝うだけでなく、創業者からMUJINメンバーへの感謝の気持ちや、未来への意気込みを伝える温かい場となりました。 パーティーの様子をちょっぴりご紹介 都内ホテルで行われたパーティー。結婚式のような、豪華な会場でした。いつも私たちを支えてくださっている大切な家族もお招きし、みんなほっこりと、いい笑顔をしています。

まずはCEOのIsseiさんからの乾杯の挨拶。

才能溢れるメンバーによるパフォーマンス。普段はエンジニアとして活躍している2人は、本日はミュージシャンとしても会場を盛り上げてくれました。

メンバー一丸となってやり遂げてきたプロジェクトを振り返って功績を称え感謝し合ったり、MUJINの急速な成長を振り返ったりと。創業当初からいるメンバーにとっては懐かしい、また最近入社したメンバーにとっては新しい話も、笑いを交えて紹介されました!

特に優れた功績を表彰!子供たちも登場し、終始和やかな雰囲気。

続いて、8周年を記念したケーキが登場し、CEO IsseiさんとCTO Rosenさんのケーキカット!

この日のために社員全員で作り上げた、みんなが登場するビデオも上映され会場は大盛り上がり。(ビデオは残念ながら社外非公開です..。笑)

最後はCTO Rosenさんの熱いお話。

"Never Give Up, Never Surrender" MUJINの大事にする価値観の一つです。今年のパーティーのキャッチフレーズでもあります。

MUJINのビジネスは、これまで技術的に不可能だった工場や物流倉庫の複雑な工程の自動化を実現させていくこと。メンバーたちのトップレベルの知識と地道な努力の積み重ねで一歩一歩革新を起こし続けて新しい道を切り開いていく必要があります。それは決して簡単な道のりではありません。ただ諦めずに努力し続ければ、少しずつでも前進していく。

MUJINがここまでやってこれた根源でもあるので、これからも社員一同大切にしていきたい価値観です。

このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

最先端ロボットセンター併設!イノベーションが生まれるMUJINオフィスをご紹介