投稿

ラベル(MUJINを知ろう)が付いた投稿を表示しています

MUJIN Story #2:本格始動までの道のり

イメージ
2011年に創業し、間もなく10年目を迎えるMUJIN。その創業期や成長の過程秘話をMUJIN Storyとして数回に分けてお届けしていきます!

今回は Episode 2「本格始動までの道のり」。

2009年の国際ロボット展で運命的な出会いを果たした創業者のRosenとIssei。MUJINを創業するまでの道のりは決して楽なものではありませんでした。前回の記事はこちら。
MUJIN Story #1:創業者 RosenとIsseiの出会い
今回は、そこから起業・初めてのお客さま獲得・資金調達までのストーリーをご紹介します!

ついに起業を決意
まだ事業構想も固まっていない段階。その検証をするため、日本とアメリカを駆け回り、ロボットメーカーや製造業の企業へMUJINの技術をピッチしていきました。革新的な技術。これまでの常識を覆すようなソリューション。もちろん簡単に受け入れてもらえるものではありませんでした。

それでも各社を回ることで、多くの知見や事業戦略の改善点を得ることができました。日本へ帰国後、RosenとIsseiはその学びを元に、デモのブラッシュアップを重ねました。
当時2人とも元の仕事を辞めていた訳ではありません。二足の草鞋でやっていた2人は、夜11時まで各自仕事をし、そこからほぼ毎日朝の3時までデモの開発を進める日々。そんな生活を半年ほど続けていました。

そんなある日、「この生活をもう半年続けたら、2人とも死んでしまう!」と、ついに至り、元の仕事を辞め、会社を興す決心をしました。最初の資金は自分たちで持ち寄った100万円。
2011年7月、こうして正式に会社を設立し、MUJINをスタートさせました。
社名は「無人化」と「無尽蔵」を掛け合わせたもの。(詳しくは、MUJINロゴに込められた想いとは?~ CTO Rosen インタビュー~で触れています。)

Never Give Up, Never Surrender
ある日、2人は大手ロボットメーカー、デンソーウェーブ様の前でデモをするという絶好のチャンスを得ました。もちろんそこに向けて全力で開発を進めていきました。しかし、実現しようとしていることも容易いものではありません。本番の日が迫る中、なかなかデモが動いてくれない...。どうしても、と事情を説明し、デモの日程を2週間延長してもらいました。

その2週間が終…

MUJIN Story #1:創業者 RosenとIsseiの出会い

イメージ
2011年に創業し、間もなく10年目を迎えるMUJIN。その創業期や成長の過程秘話をMUJIN Storyとして数回に分けてお届けしていきます!

初回 Episode 1は「創業者 RosenとIsseiの出会い」。
アメリカ人の天才研究者Rosenと日本人のセールスエースIssei。二人はいかにして出会い、MUJINを創立することになったのでしょう。

違うバックグラウンドを持つ2人の創業者 MUJINの共同創業者でありCTOであるRosen。University of California, Berkeleyを首席で卒業し、修士を飛ばして Carnegie Mellon Universityで博士号を取得。「モーションプランニング技術」の権威者と言われています。



小さいころはゲーム作りに興味があったというRosen。しかし大学へ進むと、「世の中をよりよくしたい」そんな想いが強くなっていきました。「確固たる技術力はある。でもそれを使ってどんなことに貢献できるだろう」そんなことを考えていました。


一方、もう一人の共同創業者でCEOのIssei。大学時代をアメリカで過ごした後、伝説の投資家と言われるウォーレンバフェットが好きだったことから、彼が買収したイスラエルの会社ISCARに興味を持ち、入社。製造現場で使われる切削工具メーカーです。












当時からトップセールスとして活躍していたIsseiは、順風満帆なキャリアを歩んでいました。

始まりは2009国際ロボット展 今から約10年前の2009国際ロボット展。そんな2人が運命的な出会いを果たします。ロボットソフトウェア ROS でも有名なWillow Garageという企業のインターン生としてRosenは参加。Isseiは知り合いの頼みで、その日営業として手伝うことになりました。



一緒にブースで立っている中で、RosenはIsseiのビジネスセンスにピンときたと言います。ものごとの本質・顧客のニーズを捉える能力。
「なにか始めるのであればIsseiと一緒だな。」そうRosenは確信しました。

確信とは裏腹に
そこからRosenはIsseiに「一緒にビジネスをやろう!」と持ちかけます。しかし、そこには具体的なビジネスプランもありません。Isseiは、現職にも満足をしているし、丁寧に断ることになります。

しかし、Rosenは諦めま…

MUJIN Story:MUJINの歩みをご紹介していきます!

イメージ
2011年の創業から、MUJINは一貫して「産業用ロボットの知能化」という分野で革新を起こしてきました。

「ロボットの知能化」を実現することによって、ロボットの導入を簡単にしたり、今までロボットでは対応できなかった複雑な工程でもロボットの利用を可能にしたり。それによってロボットにとっての新しい市場を開拓。生産性を向上させ、人口減少・労働力不足という社会問題の解決に貢献をしています。

MUJINはただのロボティクスの会社ではありません。自動化という夢を実現させる場所なのです。高度なロボティクス技術によって、社会の問題を解決しています。

そんなMUJINは、誕生してから約9年。その道のりは決して楽なものではありませんでした。日本に生まれながら、20カ国以上の社員が集まり、半分は外国籍。ベンチャーには珍しい製造業・物流業という歴史の長い業界。そんな異色のベンチャーは、どうやって誕生し、100名を超える企業へと成長していったのでしょうか。
これから数回に渡って、MUJINのこれまでの歩みをご紹介していきたいと思います!

#1:創業者 RosenとIsseiの出会い
#2 : 本格始動までの道のり

MUJINロゴに込められた想いとは?~ CTO Rosen インタビュー~

イメージ
何気なく目にする企業や教育機関の名前やロゴ。普段意識する機会は少ないかもしれませんが、実は大切な想いやメッセージが詰め込まれているかもしれません。
では一体MUJINの社名やロゴにはどんな想いが詰まっているのでしょう...?

今回はその謎を解くべく、MUJIN CTOであり、社名やロゴを生み出したRosenを直撃インタビューしてみました!



ーー そもそもどうして「MUJIN」という社名にしたのでしょうか?

MUJIN(むじん)には2つの意味が込められています。ロボットによる現場の「無人化」と、無限のポテンシャルを意味する「無尽蔵」という2つの言葉を掛け合わせました。
Isseiと2人で創業した当初から、世の中でできていない複雑な作業の自動化(無人化)を絶対に実現する、という強い思いを持っていました。


ーー ロボットアームはロゴに入っていないですね?

ロボットアームは入れたくありませんでした。
MUJINはロボティクス企業ですが、ロボティクスとはロボットのハードウェアを作ることとは関係ないからです。


ーー なるほど。左側のMがMUJINの「M」を表しているのは分かるのですが、このロゴに込められた意味はなんでしょう?


この規律はAIの鍵となる分散コンピューティングと並列コンピューティングを表しています。ロボティクスは、さらに電気工学・ハードウェア工学・データベース・コンピュータサイエンスなどが組み合わさって成り立ちます。そういった技術が集結している様子、そしてその結果様々なロボットアプリケーションを作り出している様子を表しています。
また、Mが未完成なのは、MUJINの無限の可能性を示しているのです。


ーー mujinという文字はどうですか?



mujinと書かれていますが、「i」が抜けていて、無人を示しています。
さらにこの部分は、胴体のない人の頭に見えますね。
これはMUJINがブレイン(脳)の部分を担っていて、ハードウェアでないことを指しています。


ーー ロゴの色にも理由はありますか?

もちろん。さきほどの「i」の点が赤なのも理由があります。
私は日本こそがMUJINの拠点として最適な場だと信じています。なので日の丸の意味も込めているのです。
またMの赤とオレンジ色は、火の色であり、エネルギーや力強さ、情熱を意味していて、MUJINの熱いパッションが込められています!


ーー これほどの色々な想いが詰め込…

ロボットの知能化。それをMUJIINが実現できた理由。

イメージ
MUJINは創業8年目、100名ほどのベンチャーですが、ロボットを知能化し、製造業・物流業の自動化を実現しています。 どういうこと?と気になった方は、ぜひ、前回の記事をご一読ください! ロボットの知能化?!MUJINって実際何をやっている会社なの?

MUJINの製品である、MUJINコントローラを各メーカーのロボットに繋げると、その場でモノの位置や姿勢を認識し、都度最適な動きを自動生成してロボットが動くようになります。 今回は、なぜMUJINがこの製品を実現でき、ここまでこれたのか、その秘密を解説していきたいと思います。
1.MUJINの創業者とメンバー
まず、MUJINの製品が実現したのは、共同創業者であるCTOのRosenとCEOのIsseiがいたから、というのがもちろん1つ目の理由です。 創業者の1人であるRosenは、ブルガリア生まれのアメリカ人。高校生のときにコンピュータサイエンスと人工知能を学び、UCバークレーを主席で卒業。カーネギーメロン大学で博士号をとり、東京大学でポスドクを経験しています。「モーションプランニングAI」という技術の権威者と言われているロセンの技術力が、MUJIN製品の根幹となっています。 もう一つの要素としては、CEOのIsseiが現場の事情の精通していたということです。もともと製造業企業(イスラエルの切削工具メーカー・イスカル社)のトップ技術営業だったIsseiは、現場にもよく足を運び、現場のニーズや実情を肌で感じていました。 最高の技術力があったとしても、それが現場の問題を解決するために使われなければ、お客様のためにはなりません。
2人の知識と技術が合わさったことで、それまで実用化は不可能と言われていた「ロボットの知能化」が形になっていきました。 さらに、創業者だけではありません。MUJINには、高い技術力や理念に惹かれ、世界15カ国以上から集まった優秀なエンジニア・営業・コーポレートメンバーが集まっています!まだ100名に満たない会社の分、一人ひとりの力が重宝されています。 2.現場に寄り添う姿勢MUJINがここまで成長できたのは、単に創業者や社員の技術力・知識だけではありません。大きな要素として「現場に寄り添う姿勢」が挙げられます。 ロボットの世界では、ハードウェアが絡むので、論理上と実際の現場では、大きな差があります。計算上・デモで実現できたとし…

ロボットの知能化?!MUJINって実際何をやっている会社なの?

イメージ
”ロボットをソフトウェアの力によって自動化し、世界の生産性向上に貢献する” そんな企業使命を掲げ、日本人のCEO Issei とアメリカ人のCTO Rosen とで創業されたMUJIN Inc。 16か国から集まってきた多種多様な100名ほどのメンバーで、製造・物流の問題解決を担っている?!そんな異色のベンチャーMUJINは、一体どんな事業を行っているのか。今回解説していきたいと思います。
例えば、物流業界 今日本では、1日に2000人以上ずつ労働人口が減っていると言われています。一方で、EC(Eコマース)は急速に伸びており、物流業界では労働力不足が深刻化しています。 みなさんが普段オンラインでモノを注文すると、倉庫から注文に合わせてモノを取り出し、箱に詰めて出荷するという工程が生じます。一見簡単にロボットで実現できそうなこの作業。しかし実際のところ、物流倉庫に訪れてみると、人の手によって行われている作業がほとんどです。それはなぜでしょう。 産業用ロボットの仕組み 通常ロボットの導入の際には、プロに頼んで”ティーチング”というロボットに動きを教えるプログラミング作業をしてもらいます。「こういう条件だったら、ここを何ミリ動かし、そのあとこの部分を何ミリ動かし...」といった設定をしていきます。 なので、決まった形のモノが、0.1ミリもずれずに同じ姿勢で流れてきて、それに対して同じ動作を行う、といった作業は、ティーチングによる設定がやりやすくなります。 しかし、物流倉庫では、何千もの商品が雑多に流れてきて、そこから指定のものをピッキング(取り出し)していく。しかもモノの位置・姿勢はバラバラ。そんな工程をティーチングでロボットに教えるのは現実的ではなく、これまで人の手でやらざるを得ない状況でした。 MUJINがロボットの知能化を実現 その問題を解決するために、ティーチングなしでロボットを動かすソフトウェアを創り出したのがMUJINです。MUJINコントローラを各メーカーのロボットに繋げると、その場でモノの位置や姿勢を認識し、都度最適な動きを自動生成してロボットが動くようになります。これにより、今まで自動化が不可能であった物流倉庫でのピッキング作業も、ロボットで行うことができるようになりました! ▼ロボットの目となる3Dビジョン(右)と、ロボットの脳となるMUJINコント…

日本政府公式ウェブサイト:Making Industrial Robots Intelligent To Improve Productivity

イメージ
日本を代表するイノベーション(Innovation Japan)の1例として、首相官邸のウェブサイトにMUJINが取り上げられました。

MAKING INDUSTRIAL ROBOTS INTELLIGENT TO IMPROVE PRODUCTIVITY - Innovation Japan - The Government of Japan - JapanGov -

かっこいい動画に仕上がっているので、ぜひご覧ください!


AbemaTimes:“漫才師みたいな2人”が物流業界に革命! 「考えるロボット」を開発した日本のAIベンチャー

イメージ
【テレビ】AbemaTV:労働人口不足の救世主 世界が注目する日本の最新AI技術 の番組の内容が記事にもまとめられました!

MUJINについて、さらっと知るには読みやすくおすすめの記事です。



"漫才師みたいな2人"が物流業界に革命! 「考えるロボット」を開発した日本のAIベンチャー

【テレビ】AbemaTV:労働人口不足の救世主 世界が注目する日本の最新AI技術

イメージ
AbemaTAのニュース番組「けやきヒルズ」にて、MUJINが特集されました。

「Appleを彷彿とさせるような、アイディアと勢いがる」というありがたいコメントまでいただきました。



最新ソリューションや創業秘話など、分かりやすくまとめていただいています!
動画なので気楽にどうぞ!

けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 - けやヒルリサーチ - 労働人口不足の救世主 世界が注目する日本の最新AI技術 (19/05/08) | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】

革新への情熱/社員インタビュー動画ができました!

イメージ
MUJINメンバーの熱い想いが詰まった、新しいビデオができました!


同じ想いをもって一緒に働く仲間、募集中です。

【テレビ】ワールドビジネスサテライト:「自ら考えて動く」ロボット “人手不足”の現場を変える?

イメージ
テレビ東京の経済報道番組「 ワールドビジネスサテライト(WBS)」にて、MUJINが特集されました。なんと、創業者2人の漫画化まで実現!?




詳しい内容は、こちらからご覧ください。

「自ら考えて動く」ロボット "人手不足"の現場を変える? |テレ東プラス

Robotics is the Future ~エンジニア社員インタビュー~

イメージ
MUJINには、世界中からTOPのエンジニアが集まっています。

なぜ彼らがわざわざ日本という国のMUJINという企業に参画するのか。
彼らの情熱を感じてください!


起業家倶楽部:MUJINのすべて(雑誌)

イメージ
起業家倶楽部2017年10月号にて、MUJINの特集をしていただきました。

企業家倶楽部2017年10月号 「MUJIN特集」

第1部 MUJINの21世紀戦略 8
社会インフラの担い手となる 第2部 MUJINの強さの秘密 13
圧倒的技術力でロボット業界に革命を起こす 第3部 編集長インタビュー① 18
エンジニアを輝かせるのがCEOの仕事
第3部 編集長インタビュー② 22
テクノロジーで社会に貢献したい
第4部 MUJINを支えるスタッフ 26
最強のチームでMUJINの夢を実現したい 第5部 MUJINの人的ネットワーク 30
滝野とロセンの化学反応が躍進の原動力

このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

最先端ロボットセンター併設!イノベーションが生まれるMUJINオフィスをご紹介