投稿

ラベル(MUJINの生い立ち)が付いた投稿を表示しています

MUJIN Story #2:本格始動までの道のり

イメージ
2011年に創業し、間もなく10年目を迎えるMUJIN。その創業期や成長の過程秘話をMUJIN Storyとして数回に分けてお届けしていきます!

今回は Episode 2「本格始動までの道のり」。

2009年の国際ロボット展で運命的な出会いを果たした創業者のRosenとIssei。MUJINを創業するまでの道のりは決して楽なものではありませんでした。前回の記事はこちら。
MUJIN Story #1:創業者 RosenとIsseiの出会い
今回は、そこから起業・初めてのお客さま獲得・資金調達までのストーリーをご紹介します!

ついに起業を決意
まだ事業構想も固まっていない段階。その検証をするため、日本とアメリカを駆け回り、ロボットメーカーや製造業の企業へMUJINの技術をピッチしていきました。革新的な技術。これまでの常識を覆すようなソリューション。もちろん簡単に受け入れてもらえるものではありませんでした。

それでも各社を回ることで、多くの知見や事業戦略の改善点を得ることができました。日本へ帰国後、RosenとIsseiはその学びを元に、デモのブラッシュアップを重ねました。
当時2人とも元の仕事を辞めていた訳ではありません。二足の草鞋でやっていた2人は、夜11時まで各自仕事をし、そこからほぼ毎日朝の3時までデモの開発を進める日々。そんな生活を半年ほど続けていました。

そんなある日、「この生活をもう半年続けたら、2人とも死んでしまう!」と、ついに至り、元の仕事を辞め、会社を興す決心をしました。最初の資金は自分たちで持ち寄った100万円。
2011年7月、こうして正式に会社を設立し、MUJINをスタートさせました。
社名は「無人化」と「無尽蔵」を掛け合わせたもの。(詳しくは、MUJINロゴに込められた想いとは?~ CTO Rosen インタビュー~で触れています。)

Never Give Up, Never Surrender
ある日、2人は大手ロボットメーカー、デンソーウェーブ様の前でデモをするという絶好のチャンスを得ました。もちろんそこに向けて全力で開発を進めていきました。しかし、実現しようとしていることも容易いものではありません。本番の日が迫る中、なかなかデモが動いてくれない...。どうしても、と事情を説明し、デモの日程を2週間延長してもらいました。

その2週間が終…

MUJIN Story #1:創業者 RosenとIsseiの出会い

イメージ
2011年に創業し、間もなく10年目を迎えるMUJIN。その創業期や成長の過程秘話をMUJIN Storyとして数回に分けてお届けしていきます!

初回 Episode 1は「創業者 RosenとIsseiの出会い」。
アメリカ人の天才研究者Rosenと日本人のセールスエースIssei。二人はいかにして出会い、MUJINを創立することになったのでしょう。

違うバックグラウンドを持つ2人の創業者 MUJINの共同創業者でありCTOであるRosen。University of California, Berkeleyを首席で卒業し、修士を飛ばして Carnegie Mellon Universityで博士号を取得。「モーションプランニング技術」の権威者と言われています。



小さいころはゲーム作りに興味があったというRosen。しかし大学へ進むと、「世の中をよりよくしたい」そんな想いが強くなっていきました。「確固たる技術力はある。でもそれを使ってどんなことに貢献できるだろう」そんなことを考えていました。


一方、もう一人の共同創業者でCEOのIssei。大学時代をアメリカで過ごした後、伝説の投資家と言われるウォーレンバフェットが好きだったことから、彼が買収したイスラエルの会社ISCARに興味を持ち、入社。製造現場で使われる切削工具メーカーです。












当時からトップセールスとして活躍していたIsseiは、順風満帆なキャリアを歩んでいました。

始まりは2009国際ロボット展 今から約10年前の2009国際ロボット展。そんな2人が運命的な出会いを果たします。ロボットソフトウェア ROS でも有名なWillow Garageという企業のインターン生としてRosenは参加。Isseiは知り合いの頼みで、その日営業として手伝うことになりました。



一緒にブースで立っている中で、RosenはIsseiのビジネスセンスにピンときたと言います。ものごとの本質・顧客のニーズを捉える能力。
「なにか始めるのであればIsseiと一緒だな。」そうRosenは確信しました。

確信とは裏腹に
そこからRosenはIsseiに「一緒にビジネスをやろう!」と持ちかけます。しかし、そこには具体的なビジネスプランもありません。Isseiは、現職にも満足をしているし、丁寧に断ることになります。

しかし、Rosenは諦めま…

MUJIN Story:MUJINの歩みをご紹介していきます!

イメージ
2011年の創業から、MUJINは一貫して「産業用ロボットの知能化」という分野で革新を起こしてきました。

「ロボットの知能化」を実現することによって、ロボットの導入を簡単にしたり、今までロボットでは対応できなかった複雑な工程でもロボットの利用を可能にしたり。それによってロボットにとっての新しい市場を開拓。生産性を向上させ、人口減少・労働力不足という社会問題の解決に貢献をしています。

MUJINはただのロボティクスの会社ではありません。自動化という夢を実現させる場所なのです。高度なロボティクス技術によって、社会の問題を解決しています。

そんなMUJINは、誕生してから約9年。その道のりは決して楽なものではありませんでした。日本に生まれながら、20カ国以上の社員が集まり、半分は外国籍。ベンチャーには珍しい製造業・物流業という歴史の長い業界。そんな異色のベンチャーは、どうやって誕生し、100名を超える企業へと成長していったのでしょうか。
これから数回に渡って、MUJINのこれまでの歩みをご紹介していきたいと思います!

#1:創業者 RosenとIsseiの出会い
#2 : 本格始動までの道のり

このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

最先端ロボットセンター併設!イノベーションが生まれるMUJINオフィスをご紹介