投稿

ラベル(受賞)が付いた投稿を表示しています

第27回 日本MH大賞・特別賞 を受賞!

イメージ
MUJINの「人手不足問題を解決するマテハンロボット機器」が、「第27回 日本MH大賞・特別賞」を受賞いたしました。
対象物の形状、位置、状態を認識し、ティーチレスで、スムースな経路で移動し把持するシステムを開発・実用化した点、また継続的に進化・普及している点を評価いただき、今回の受賞に至りました。

人手不足問題を解決するマテハンロボット機器 Eコマース経済の急拡大が進む一方、労働人口の減少により人手不足は深刻さを増しています。一方で、従来のロボットは設定の複雑性から、繰り返し作業の自動化には適しているものの、扱う対象物や周辺状況が変動するような物流現場では、導入が難しいとされていました。 MUJINはロボットの知能化を実現し、ロボット自身が状況を把握してその場に適した動きを作り出すことを実現。これまで人力で行わざるを得なかった物流現場の重労働や単純作業の自動化ソリューションを提供しています。

日本MH大賞 MH機器・システムおよび情報システムにおいて、それぞれ研究・開発と改善・合理化などを審査し、その審査については、応募された内容について「経済性」「合理性」「独創性」「安全性」「社会的貢献度」「将来性」などについて選考を行う。
日本マテリアル・ハンドリング(MH)協会ホームページより抜粋)

第2回 日本オープンイノベーション大賞 内閣総理大臣賞 受賞!

イメージ
MUJINが大手ロボットメーカー8社様と取り組んだ、『汎用的「知能ロボットコントローラ」の開発』が、内閣府による「第2回 日本オープンイノベーション大賞」において、最も優れた取り組みに送られる「内閣総理大臣賞」を受賞いたしました!


汎用的「知能ロボットコントローラ」 異なるメーカーのロボットに対して世界で初めて統一制御し、知能化(プログラミングなしで作動)できる「知能ロボットコントローラ」(MUJINコントローラ)を開発いたしました。 株式会社安川電機、三菱電機株式会社、川崎重工業株式会社、株式会社不二越をはじめとする大手ロボットメーカー8社の協力を得て、既存のマーケットを取り合うのではなく、新たな市場を創出するために、ロボット業界初のオープンイノベーションを推進。
従来技術的に不可能であった工程の自動化やロボットの操作性統一・簡便化・コストダウンを実現いたしました。

日本オープンイノベーション大賞とは? ロールモデルとなる先導的又は独創的な取組の表彰と発信により、オープンイノベーションをさらに普及させ、我が国のイノベーション創出を加速することを目指します。 現在行われている取組の中で、特に連携の取組やその仕組みづくり等に着目した選考を実施します。
(日本オープンイノベーション大賞応募要項より抜粋)
HP:https://www8.cao.go.jp/cstp/openinnovation/prize/index.html


受賞取組・プロジェクト概要 https://www8.cao.go.jp/cstp/openinnovation/prize/2020taishogaiyo.pdf

LinkedIn調査「注目のスタートアップ」で第5位にランクイン

イメージ
先日、LinkedIn調査による注目のスタートアップランキングが発表されました! 端的に言えば、どのスタートアップが優秀な人材から注目を集め、実際に獲得できたかをデータで測定した実力ランキング。ランキング基準は...  (1)社員の伸び  (2)企業と社員への興味  (3)求人への関心  (4)「TOP COMPANIES」ランク入り企業からどれだけの人材が入社したか 日本国内では初めての発表となるそうです。
第一回、注目の結果は..... なんと!MUJINが第5位にランクインしました★



日々採用チームとして、優秀なメンバーの獲得には奮闘しているので、こういった結果はとても励みになります! 注目のスタートアップって一体どんな雰囲気なんだろう。少しでも気になった方はぜひ話を聞きにいらしてくださいー!

AIスタートアップピッチコンテストで最優秀賞!

イメージ
日本最大級のグローバルAIカンファレンスAI/SUMで行われた、3分間ピッチの世界大会「WORLD30」にて、MUJINが最優秀企業に当たる日経賞を受賞いたしました!



大会では、世界からAIのスタートアップ企業30社が集まり、事業内容についてピッチしました。
世界中のAIを使った新しいソリューションの発表に、聴講者としても楽しむことができました! MUJINはビジネスのグローバルな社会的インパクトの大きさという観点で、評価いただきました。


受賞: 機械学会賞(技術)

イメージ
MUJINの「完全ティーチレス/知能ロボットコントローラの開発・商品化」が、2018年度「日本機械学会賞(技術)」を受賞いたしました。

日本機械学会賞は1958年度から続く名誉ある賞であり、この度受賞させていただいたことを大変誇りに思っております。

2018年度「女性未来賞」「日本機械学会賞」が決定!日本・機械工学の最先端研究・技術を表彰

受賞:第61回 十大新製品賞 日本力賞

イメージ
第61回十大新製品賞の日本力(にっぽんぶらんど)賞に、MUJINのピースピッキングソリューションが選ばれました!
(写真:日刊工業新聞社様ご提供)
MUJIN技術搭載のオークマ様のARMROIDも本賞を受賞し、MUJINにとってはW受賞となりました。
十大新製品賞とは


応募企業がその年に開発あるいは応用化した新製品の中から、モノづくりの発展や日本の国際競争力の強化に役立つ製品を日刊工業新聞社が選定し、表彰する制度。

日本力(にっぽんぶらんど)賞とは
独創的な技術で世界に対して強い競争力を持つ新製品に贈られる。また、「日本企業製」のブランド価値をさらに高める製品に対して贈られる。






このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

最先端ロボットセンター併設!イノベーションが生まれるMUJINオフィスをご紹介