投稿

ラベル(エンジニア)が付いた投稿を表示しています

【動画あり】ロボットを動かす、MUJINソフトウェアエンジニアの魅力とは ~社員インタビュー ビジョンエンジニア × テストエンジニア編~

イメージ
MUJIN社員に話を聞こうシリーズ!ソフトウェアエンジニアとして活躍する、Kazutoさん&Kouさんが、ビジネス紹介メディアBiz9からインタビューを受けました。ロボットに携わる「ソフトウェアエンジニア」とは、バックグラウンドの異なる二人がなぜMUJINに入ることになったのか、などそれぞれの視点からお話ししています。ぜひご覧ください!

動画に入りきらなかった2人の熱い思いや、MUJINに入社するために重要なスキルなどの耳より情報も含めた対談記事も、以下公開しています。ご一読ください!

Kazutoさん(左)は、東大のロボット研究で有名な情報システム工学研究室(JSK)卒業後、大企業を経てMUJINへ入社。現在ソフトウェアエンジニアの中のビジョンを担当しています。Kouさん(右)は、東大の大学院博士課程で物理を研究していましたが、中退してMUJINへ。現在リードソフトウェアテストエンジニアとして働いています。

ーー さっそくですが、MUJINにはさまざまなソフトウェアエンジニアがいますよね。
Kazuto: 「ロボットを動かすソフトウェアエンジニアって一体...?」とイメージつかない方も多いかと思います。MUJINには、ロボットの制御・フロントエンド・バックエンド・そして私のやっているビジョン・Kouさん率いるテストを担当するチームのなどがあります。
ロボットを動かすには、どの分野も横断的に関わっていく必要があります。ソフトウェアだけではなく、ハードウェアや電気、メカなども絡んできます。一つでも欠けると、ロボットは動きません。
Kou: そう、どの分野も密接にかかわるので、それぞれのテクノロジーを各チームが理解していないといけません。それが大変であり、面白いところでもあります。


ーー お二人はどんなことをやっているんですか?
Kazuto: 私が所属しているビジョンチームでは、いわゆるロボットの目にあたる部分を開発しています。 ロボットが動くには、まず環境を把握しなければなりません。センサーを通して、ロボットが扱うべきものの位置や姿勢、また周辺の状況を認識させます。
Kou: 私はソフトウェアテストチームのリードをしていますが、私のチームではあらゆる分野のテストを担当します。幅広い分野がお互いに関わり合い、そして複数のコンポーネントが並列に走ります。さらに、ハードウェアも絡んでくるので、外部…

シリコンバレーにいる感覚。東京にこんな企業があるなんて。~ 社員インタビュー インターン編 ~

イメージ
MUJINではインターンシップ生の受け入れを積極的に行っており、国内・海外問わずTOPの学生が参加してくださっています。学生の方にとって、実世界の問題解決にあたるという経験を通して、日ごろ学んでいる技術がどう活かされるのかというのを体感しながら、経験を積んでいただく機会になればと考えています。

MUJIN社員に話を聞こうシリーズ!として今回は、インターン生としてMUJINで働いているTabをインタビューしました。Tabはアメリカ シカゴのイリノイ大学の大学院生で、MUJINのハードウェアチームで働いています。



ーー MUJINに興味を持ったきっかけは?

LinkedInでインターンシップの募集を見かけて、MUJINの存在を知りました。
他社と比べてまず違うと思ったのが、SNS上でたくさんの発信をしているというところ。僕はとても外交的な性格なので、このように会社のありのままがたくさん発信されていて、外からでも分かるというのがとても魅力に思いました。MUJINでは、メンバー一人ひとりが製品やロボットについて理解していて、そしてみんなロボットが好きなように感じます。

もともと僕の興味はロボティクスにあった訳ではありません。ずっとパワーサプライのハードウェアに携わっていましたが、その領域はテレビゲームだったり、医療システムだったり。MUJINのホームページを見たときに、1つの会社の中でこんなに色々なパワーシステムが使われているんだと気づき、自分の専門性を高めるためにもよい環境だと思いました。

そしてやはり「ロボティクス×日本」という点に惹かれました。日本は特に自動化において先進的で、高度な技術がたくさんあります。最先端な日本でロボットに携われるということにわくわくしたのです!


ーー 選考プロセスはどうでしたか?

応募してから数日後、採用担当から電話があり、履歴書の選考を通過したという連絡をもらいました!またそこで、MUJINのビジネスや日本についても色々と説明いただきました。
日本語は全く話せないし、アジアの国に行くこと自体初めて。日本に行くということについて少し不安に思っていたのですが、そんな不安も電話の中で取り除いてもらいました。

その後、依頼を受けてスキルシートというものを提出。会社が求めているスキルと自分の持っているスキルがどのくらいマッチしているかを示せるものな…

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

イメージ
MUJINの社員に話を聞こうシリーズ!今回はインテグレーションエンジニアとして活躍するNoriさんにお話を伺いました。
東大のロボット研究の名門 情報システム工学研究室(通称JSK)を卒業し、大企業を経て昨年MUJINへ参画。そんな輝かしい経歴にも関わらず、とてもフレンドリーで気さくなNoriさん。楽しくお話しさせていただきました!


ーー さっそくですが、Noriさんはどうしてロボットやインテグレーションに興味を持ったのですか?

小さいころからものづくりが好きでした。父と一緒に家の庭にウッドデッキをつくったり、棚をつくったり、車をいじってみたり。ヒトに役立ち・わくわくさせるようなものづくりを仕事にできたら面白いだろうなぁ、と幼少期の経験から思うようになっていました。

東大に入学した時点でも、ものづくりに携わる建築系や機械系に進もうと決めていました。
大学1年生のときの講義や研究室見学などを通じて、建築は職人・芸術の要素が強い分野。機械系の中でも特にロボットの分野は、まだまだ技術的に発展途上で、これまでにない価値を世の中に提供できる可能性の秘めた領域。そんな印象を持ち、ロボット系へ進むことを決めました。

中でも数ある研究室からJSKを選んだのは、「ロボットが一番動いていた」から。単純に聞こえるかもしれないけれど、これは一つの軸としてとても重要なことだと思っています。社会実装されて使われるためには、動いて仕事をしてこそのロボット。
机上の研究にとどまることなく、動かすこと・どう実装するかにフォーカスしていたところが魅力に感じて決めました。小さい頃から「実質的に世の中に役立つものをつくりたい」という気持ちが漠然とあったので。そこでは、ロボットの中でもハードウェア・メカトロニクスを専攻し、ヒューマノイドの新たな機構制御や設計手法などを研究していました。


ーー これまでどんなキャリアを歩まれてきたのでしょうか?

大学院卒業時の就職活動の軸は、「ロボット技術の実用的な応用」。研究していた知識を活かして、産業として実用的なものを生み出したい。ただ、産業用ロボットは考えていませんでした。成熟している領域なので、研究していたことを新しく応用するのは難しいだろうなぁ、と思い。

結局、「メカトロニクス技術の実用化」というところに主眼を置いて、半導体製造装置メーカのメカトロニクス技術部へ就…

ロボスタ: 現在のロボットと将来の可能性 日本ロボット学会セミナー「ロボット工学の未解決問題」レポート

イメージ
2019年9月26日、日本ロボット学会主催のセミナー「ロボット工学の未解決問題 〜ロボットへの期待とその障壁」が行われ、そのレポートが公開されました。


MUJINエンジニアの野沢も本イベントに登壇し、産業用ロボットの難しさやMUJINのソリューションについて語っています。


現在のロボットと将来の可能性 日本ロボット学会セミナー「ロボット工学の未解決問題」レポート | ロボスタ - ロボット情報WEBマガジン

好奇心を持って没頭した結果、お客さまに貢献できる場所 ~社員インタビュー ロボティクスエンジニア編~

イメージ
MUJINの社員に話を聞こうシリーズ、第3弾! 今回は、MUJINのコア技術であるロボット制御を担う、ロボティクスエンジニアのShinさんをインタビューしてみたいと思います。

ーー 「ロボティクスエンジニア」はどんなお仕事ですか? MUJINは産業用ロボットを動かすソフトウェアを作っているのですが、その根幹となるロボットの動きをプランニングし、ロボット制御を設計する部分を担っています。
ーー 印象に残っているプロジェクトは? 自分が心に残っているプロジェクトの1つは、PALTAC様の物流センター内における、段ボール積み下ろし作業の自動化です。 ロボットの分野は特に、ソフトウェアだけで完結する世界とは異なりハードの部分も絡むので、理論上うまくいっても実際にはうまくいかないことばかりです。現場では数ミリのズレで段ボールの認識に失敗したり、お互いかみ合ってしまったり。現場で何千回ものテストを繰り返し、初めて分かったこともたくさんあります。 さらに、実用化レベルとして許容されるには、99.9%の成功率では足りず、もっと正確な数値を実現させなければなりません...。 結果、ほぼ1か月ほど現場に張り付いての作業となりましたが、無事稼働したときの充実感はとても大きく、また最終的に大きなロボット4台が自分のコードで動いている姿を見ることができ、感動しました。 ーー なかなかの根気が必要のように感じますが、成功の秘訣はなんでしょうか? 「実際にこれを世に出してやるんだ!」という情熱、ですね。それさえあれば、あとは一つ一つ問題を潰していくだけ。 MUJINのコア技術である「モーションプランニング」も、理論上は前から存在していましたが、誰も実用化できていませんでした。創業者でありCTOであるロセンが、情熱を持って、必ずできると信じて取り組み続けた結果、実用化に成功したのです。

ーー Shinさんはどんな学生生活を送っていたのですか? もともと飛行機や自動車などの動くものが好きで、機械工学を専攻しました。またソフトウェアも好きで。オープンソースの開発にも熱中し、その延長に今の仕事もあるな、と思います。 自分が頑張って作ったものに対して、ポジティブなコメントがもらえ、作ったものが役立ったと感じるときがとても嬉しくて。今もオープンソース開発やりたいくらいですが、まぁ会社で似たように役立った…

清華大学学生 オフィスツアー

イメージ
中国の名門、清華大学のコンピューターサイエンス専攻の学生7名が、MUJINオフィスに遊びにきてくれました!

MUJINエンジニアによる技術説明に始まり、知能化されたロボットの実機デモやオフィスの見学、MUJIN社員とカジュアルランチで交流など、内容盛りだくさんなツアーとなりました。

向学心に燃える学生との交流はMUJIN社員にとってもよい刺激となり、中国からはるばるMUJINを訪問してくれた学生の皆さんに心から感謝です。



Robotics is the Future ~エンジニア社員インタビュー~

イメージ
MUJINには、世界中からTOPのエンジニアが集まっています。

なぜ彼らがわざわざ日本という国のMUJINという企業に参画するのか。
彼らの情熱を感じてください!


このブログの人気の投稿

「世の中の役に立つものを自分の手で生み出す」小さい頃からの夢でした ~ 社員インタビュー インテグレーションエンジニア編 ~

英語を練習しよう!SPEAK & LUNCH

フレンチシェフの作るMUJINのフリーランチ